3分で簡単な七夕飾り短冊の作り方(折り紙や画用紙で)

Sponsord Link

今日は、七夕の飾りをテーマにしていきたいと思います^^

 

笹の葉を飾る上で、七夕の飾りを作るのは
必須ですよね。

 

よく小さい子供が幼稚園で、先生と一緒に折り紙を切ったり、
のりで張り付けたりして、作っているイメージですが★

 

今日は、そんな短冊や、七夕の飾りの作り方について
みていきましょう。

july02

 

短冊の作り方

願いごとを書いて、笹の葉に飾る、あの短冊ですが、
様々な形や色がありますよね。

 

ただ紙を切って、穴をあけて、紐を通して飾る
でも良いのですが、
それだけでは、ちょっと物足りない…

 

という方に、ちょっと変わった短冊を紹介します。

 

こより付きの短冊

まずが、15cm四方の色紙を用意し、
半分の大きさに切ります。

 

折り紙でも画用紙でもOKです。

 

紙の右から1cm程度のところに、
縦に10cmほど切り込みをいれます。

 

これを裏側へもちあげれば、こより付きの
短冊が完成します。

 

両方やっても良し、
様々なアレンジがあるので試してみてください★

030622-2

 

七夕飾りの作り方

それでは次に、七夕の飾りの作り方についてみていきましょう。

 

短冊だけでは何となく寂しい…
ということもあり、七夕の飾りがどんどん豪華に
なっていますw

 

たしかに、飾りがあるのとないのとでは、
飾り綺麗さが大分違うような気もしますね。

 

七夕の飾りに必要なもの

 

ではまず、七夕の飾りを作るために
必要なものを用意しましょう。

 

・折り紙
・はさみ
・紐

これだけです。

 

100円均一でも買えてしまいますね。

 

折り紙の量は、自分がどれくらい、作りたいかで、
枚数を考えることが大事です。

 

最近では、花柄やハート柄の折り紙もあるので、
そういったものを使うと、より華やかになりますね。

 

 

七夕飾りにはちゃんと意味があって、

巾着は、お金がたまるように、
投網は豊漁になるように
そして千羽鶴には、家族が長生きするように

と様々な意味が込められています。

sponserd link


意味がちゃんとあったんですね。

 

手作りして飾ると、余計に、願いが叶うような
気もしますね。

 

 

七夕飾りの作り方

では、定番の七夕飾りの作り方を
紹介していきます^^

 

貝飾り

こちらは定番の飾りですね。

 

簡単な貝飾りの方法が紹介されていました★



方法としては、
15cm四方の折り紙を用意したら、半分に折り、
半分に折ったまま、ハサミで垂直方向に1cm程度の
間隔で切り込みをいれます。

 

あとは、端と端をのりでくっつけるだけです♪

 

 

提灯

こちらも定番の飾りです。



先ほどの貝飾りと同様に、
色紙を半分に折って、1cm程度の間隔で切り込みをいれます。

 

そしたら、色紙を開いて、
端とは端をくっつけるだけです。

 

両面、柄や色が違うものだと、
より華やかにみえます^^

 

 

織姫と彦星

難易度が高そうですが、意外と
簡単に♪



まずは、彦星から。
15cm四方の折り紙を用意して、半分に折ります。

 

半分に折ったら一度開いて、小さな三角形を折ります。
これをさらに半分に折って、大きな三角形を作ったら、
裏返しにして、左右の端を折ります。

 

顔を書いたら完成です。

 

続いて織姫は、途中までは彦星と同じ折り方ですが、
最後に、斜めにおります。

 

続いては、クリスマスにも使える星型の飾りです。

 

少々難易度は高めですが、
簡単に作ることができます^^


まとめ

今回は七夕の飾りをテーマにしました。

 

お子さんと一緒に作って、お願いするのも良いですね♪

 

1年に1回のイベントなので、
飾り付けを華やかにして、
楽しみましょう。

 

★こちらの記事もどうぞ
知らなかった!たなばたの歌詞の本当の意味とは?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ