2016恵方巻きの簡単な作り方はこれだ!食べる方角の決め方の由来とは?

Sponsord Link

節分の日に恵方巻を食べる新しい習慣 も、
最近はずいぶんと根付いてきたように思います。
私が育った関東では、
恵方巻なんて、
ごく最近まで知りませんでした。
今では すっかり全国区の行事 ですね。

<恵方巻って何?>

節分の日に食べると縁起が良いとされる恵方巻
一見普通の「巻き寿司」に見えるのですが、
実はこの 食べ方に大きなポイント があるのです。
この「 特別な食べ方 」を守らないと、
普通の巻き寿司になってしまうので、
ここはしっかり押さえておきましょう!

恵方巻のルール

・縁起をかついで 七福神にちなみ7種類の具 を入れる。
ひとりにつき1本の太巻き (小さな子供は細巻きでもOK)
・その年に 決められた方角(これが恵方)を向いて食べる

年ごとに恵方は変わるので毎年確認が必要


・食べ始めたら 一切話してはいけない
無言で残さず に食べきること!

この ルールは絶対 なので、
これを破ってしまったら、
あなたの食べているものは、
ただの巻き寿司となるので要注意
です。

images

恵方巻の意味

ルールの中でも最も大切 なのは、
一切おしゃべりをせずに食べきる 」ことですが、
これは「 口から福が逃げないように 」との意味があります。
また、巻き寿司の「巻く」には、
福を巻き込む 」という意味が含まれているとか。
そして、「切らずに食べる」のは、
縁を切らないように 」との願いが込められています。

これらの意味が理解できれば、
なるほど、ルールもしっかり守れますよね!

<恵方巻の方角はどうやって決めるの?>

年ごとに決まった方角を向いて食べる、
その方角が「 恵方 」に当たりますが、
一体どうやって決めているのでしょう?
「恵方」とは、
歳徳神(としとくじん)と言われる神様がいらっしゃる方角 のことを言います。
歳徳神とは、
その年に実りと幸運をもたらすために、山から降りてくる神様」のことで、
歳神様 」とも呼ばれます。
歳神様は、 毎年居場所を変えられる ため、
「恵方」も毎年変わる、というわけです。
この方角は、
その年の「十干(じっかん )」によって決まっています。

十干

起源は中国とされており、
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸 の10種 です。

十干の示す方位

基本の恵方は以下の4方向です。
・甲己・・・東北東よりやや東
・乙庚・・・西南西よりやや西
・丙辛戊癸・・・南南東よりやや南
・丁壬・・・北北西よりやや北


この「やや」というのが気になりますよね。
これは、恵方が本来、
私たちが普段使っている 16方位ではなく
24方位で表される のために、もう少し細かくなるため( 15度のズレ )なのです。

sponserd link


この4つの恵方を、
東 ⇒ 西 ⇒ 南 ⇒ 北 ⇒ 南 の5年周期で繰り返し ます。
つまり、5年ごとに同じ方角がめぐってきます。
ちょっとわかりづく感じるかもしれませんが、
西暦の下一桁の数字 によって、
もっとわかりやすくまとめることができます。

西暦下一桁  恵方
4・9    東北東やや東
5・0    西南西やや西
6・1    南南東やや南
7・2    北北西やや北
8・3    南南東やや南


この表を見れば一目瞭然ですが、
「南南東やや南」が2016年の恵方 になります。

2013年のものですが、わかりやすいビデオをご覧ください ↓↓

<恵方巻の作り方>

基本は普通の巻き寿司 です。
縁起をかついで、
中身は七福神にちなんで7種類
普通の太巻きに入れるものでいいと思いますが、
そこに2~3種、自分の好きなものを入れて7種にしたらいいと思います。
うなぎ・シイタケ・かんぴょう・えび
だし巻き卵・でんぶ・キュウリ
 などが一般的な具ですね。

ここでは、 酢飯の作り方をご紹介 しておきますので、
中身は好きなものを選んで、
それぞれに味付け調理をして巻き込んでください。

酢飯の作り方

材料(2人分)
ごはん 1.5合
・調味料(全部をよく混ぜておく)
酢 大さじ1杯
砂糖 大さじ1杯
塩  小さじ1/2杯

ご飯がべちゃっとならないように、 少なめの水 でご飯を炊きます。
ご飯が炊けたらそのまま混ぜてほぐします。
そこに、しゃもじに伝わすように 少しずつ 混ぜておいた調味料を入れていきます。
このとき、調味料をしゃもじで 切るようにして手早く 混ぜます。

あとは、それぞれに調理した 7種の具材 を巻き込んで、
普通の巻き寿司の要領で恵方巻を作ります。

86408f30

<一年を通して恵方に願いを!>

恵方は毎年変わることがわかりましたね。
ということは、
恵方とは何も節分の時だけのものではない
ということなのです。
節分の日まで待たずとも、
自分の家から見て恵方に当たる神社に初詣をするといいでしょう。
これを「 恵方詣り 」と言います。
ここで、一年の安全を祈り、
願い事をすると良いと言われています。
そして、何かあるごとに、
その年に 歳神様がいらっしゃる方角 を向いて、
お願い事をしたり、
またその方角を向いて事を行えば、
万事が吉! ということなのではないでしょうか?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ