足の爪の色が悪いのは病気が原因?黒や白や黄色に変色したら注意!?

Sponsord Link

top

毎日何気なく見ている爪ですが、
爪の様子を見ただけで健康状態がわかる と言われています。
最近は キレイにネイル をしている女性も多く、
本当の爪の色が見えない ために、
自分の健康状態を見過ごしてしまう 人も増えているようです。
また、長期でネイルをしたままにしたり、
落とすときの除光液の成分で、
爪自体の健康が損なわれ
爪が割れやすくなったり、
剥がれやすくなるという 問題も増えています

今日はそんな「爪」のお話をしたいと思います。



<爪は何でできてるの?>

爪は硬いので、
骨と同じようにカルシウムから出来ている
と考えている方、意外と多いのでは?
実は、爪は髪の毛と同じように、
皮膚の成分のたんぱく質が角質化してできたもの
ご存知のように、
爪は毎日伸びています・・・つまり 成長している のです。
健康な人の手の爪は、
10日で約1ミリずつ伸びています
おおよそ 半年で爪全体が生まれ変わる
いう計算になりますね。
足の爪 の伸びは遅く、
手の爪の約2倍ほどの時間 がかかります。

nail

<爪の色で健康がわかる!>

健康な人の爪は、
ツヤもよくピンク色 をしています。

手の爪と足の爪は、
その成長の速度も違いますが、
その置かれた状況が違います。
足の爪 は毎日靴を履くことで、
とても 窮屈な環境 にあります。

足の爪の場合、
靴が小さかったりパンプスなど、
先がとがった形のものを長時間履き続けると、
1本(特に小指)だけ黒ずむことがあります。
これは特に心配はないと思いますが、
足の爪とともに、
手の爪も色が変わってきたら

要注意です!

ココで 色別に健康状態 を見ていきたいと思います。

color

★白い斑点がでる

ストレスが過剰 になったり、
過労で精神的・身体的に衰弱 すると、
爪に 白い斑点 が出てくることがあります。

こんなときは、
睡眠を十分に とってカラダを休めましょう。
また趣味などに時間をとって、
上手に ストレスを解消 しましょう。


★爪が黒くなる

何かに強くぶつけて 内出血 していることが考えられます。
また足の爪の場合には、
前述のように 靴に問題 があることもあります。
しかし、その他に考えられる 重大な病気 もあるので注意してください。
・メラノーマ(皮膚の悪性腫瘍)
・ヘモクロマトーシス・肝性ボルフィリン症(体内貯蔵鉄の異常)
・アジソン病(慢性副腎皮質昨日低下症)
など

★爪が黄色くなる

まずは「 黄色爪症候群 」や「 爪水虫 」が考えられます。
また ネイルのし過ぎ・除光液の影響 もあり得ます。
その他には 胆のう・気管支の病気の可能性 があります。
・気管支炎
・気管支拡張症
・胆汁分泌障害


★爪が緑色になる

見た目そのままでグリーンネイルとも呼ばれます。
これは つけ爪をしている場合に起きる病気 で、
自分の爪とつけ爪の間に「 緑膿菌 」が繁殖することで、
爪が緑色に変色します。
特に抵抗力が低下しているときに感染すると、。
呼吸器感染症尿路感染症敗血症などを誘引することがあります。

★爪が赤色になる

赤くなるのは、
危険度が高い症状のことが多いので要注意 です。
特に、爪のまわりや爪の下の部分が赤くなるのは、
皮膚筋炎 」の可能性が高く、
子宮体癌胃癌の合併症で現れる症状です。
赤というよりも 赤褐色のとき には、
おおよそのケースで腎疾患が疑われます。
また 2割ほどの割合で肝硬変 も考えられるので、
この時点で、まだ医者に診てもらってない場合には、
すぐに病院へ 行きましょう。
ホルモン分泌異常も可能性があります。
その他にも、以下のような病気が考えられます。
・悪性貧血
・膠原病
・心臓病
・糖尿病
・脳梗塞
・肺疾患


もし爪が 真っ赤 になった場合には、
心筋梗塞脳血栓の恐れがあるので、
すぐに医者に行ってください。


sponserd link


★爪が白くなる

顔色と同じですが、
一般的には 軽度から重度の貧血 が考えられます。
また、腎臓系・肝臓系の病気も可能性があります。
その他に、以下のような疾患の可能性もあります。
・低たんぱく血症
・レイノー病(動脈収縮異常)


★爪が白濁する

単に白くなるよりも危険性がある場合が多いので特に注意が必要です。
・慢性肝炎
・肝硬変
・肝臓がん

上のような疾患に至る前に、
すでに医者に診てもらっているケースがほとんどだと思いますが、
そうでない時には できるだけ早く病院へ 行きましょう。

★足の爪の変色

黄色くなってきた爪がじょじょに白っぽくなり、
爪の形が変わってきたら「爪白癬」(爪水虫)を疑ってみましょう。
足の爪を伸ばし 不潔にしている ことで、
そこに汗や汚れがたまり、
白癬菌が繁殖 してしまうことが原因です。
一度感染すると、塗り薬だけでは完治は難しく、
飲み薬を併用して治療することになります。
足の爪にも気を配り、
いつも 清潔に保つ ようにしましょう


care_foot

爪水虫にはこれ!



<爪は大切な健康の指標です!>

いかがでしたか?
毎日何気に見ている爪ですが、
自分の 健康について多くを語ってくれるのも爪 です。
ネイルをしてキレイに見せているだけでなく、
時にはネイルをキレイに落として、
本来の自分の爪の色や形など、
しっかりと観察 しておきましょう。
そうしておけば、
少しの変化にも気づきやすく、
大きな病気になる前に防ぐことができる かもしれません。

Sponsord Link

2 Responses to “足の爪の色が悪いのは病気が原因?黒や白や黄色に変色したら注意!?”

  1. 月見 より:

    今月の頭に新しいパンプス履いて出掛けて、帰ってきて足を見たら爪が内出血したのかなーって具合に黒っぽい紫になってて、次の日の夜に見たら内出血部分ちょっと広がってて、今月中旬に勤務先で健康診断あったから問診してくれた先生に聞いたんですけど、管轄外だったのか皮膚科か外科行ってください、徐々に上に上がってって、爪切ればなくなると思いますがって言われたんですけど、内出血してからもうすぐで1ヶ月が経ちます。こんなにも治らないものなんですか?

    • kiki-gaicyu より:

      返信が遅くなってしまいました。ごめんなさい。その後、爪の具合はいかがですか?おそらく、新しい爪の伸びと一緒に、内出血の部分も上に上がってきて、今ではきっとその部分も伸びた爪と一緒に切ってしまったころだと思いますが・・・。内出血した部分は、そこまで新しい爪が伸びてこないと手の打ちようがないので、それまで待つしかないのですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ