ラッシュガードの最適な使い方とは?幼児や子供の頃から肌を守ろう

Sponsord Link

今日は、ラッシュガードをテーマにしていきたいと思います^^

 

ラッシュガードは、水着と同じような習性ですが、紫外線対策として
幼児や子供が使用するのもおススメなんです。

 

日焼け防止アイテム、水着としても使用できるラッシュガードについて
まとめていきます。

416EBgrlJYL._SY300_

 

ラッシュガードとは?

そもそもラッシュガードは、マリンスポーツやサーフィンを
するときに、体を保護する目的で使用されているものです。

 

ラッシュガードをウエットスーツの下に着用することで、
ずれの予防にもなるので、使われてきました。

 

しかし、最近ではマリンスポーツ以外にも、
紫外線や日焼けの防止にもなるので、
注目されています。

 

とくに、子供のときに紫外線を多く浴びすぎると、
白内障 皮膚がん の原因にもなるので、
子供にも欠かせないアイテムとなっています。

 

子供だけでなく、大人も日焼け防止として使えるアイテム
です。

 

最近では、半袖や長袖タイプ、UVカット素材を使用したものなど、
多様な種類があるので、
好みに合わせて、選んでみてください。

 

 

子供や幼児の肌にはどんなラッシュガードを選んであげるべき?

子供は特に肌が弱いので、紫外線対策が必要です。

 

特に赤ちゃんは、さらに肌が弱いです。

 

子供の頃から紫外線対策をしっかりしてあげることが
重要になっています。

 

昔は、Tシャツ短パンで、まっ黒になるまで日焼けするという
のがありましたが、今は、紫外線が怖いので、
そうもいかないんですよね。。

 

さて、ラッシュガードで
子供に選ぶものとして、理想なのは、長袖タイプのものです。

 

パンツも長いものが販売されているので、
上下でラッシュガードを使用すると、
さらに安心です。

 

海などに行く場合は、 UPF+50 ほどの紫外線カット素材が
安心できますね。

sponserd link


逆に、この表示がないと、十分に有害な紫外線対策ができている
とはいえないので、購入するときは、
この表示があることを確認してください。
基本的に、伸縮性のあるナイロン記事が用いられていますし、
着脱しやすい形になっています。

 

カラーも様々なので、女の子・男の子も着用できます。

 

 

ラッシュガードを使う場所

基本的に、ラッシュガードは、海やプールで使用できます。

 

屋内などの日陰があるプールなら心配はないですが、
屋外や海の場合であれば、ラッシュガードがあった方が
良いです。

 

小さな子供であればラッシュガードだけ着せても大丈夫ですが、
基本的には、水着を下に着てから
ラッシュガードを着させてあげるようにします。

 

色としては、黒や紺の濃い色のラッシュガードの方が、
紫外線をカットしやすいです。

 

また、伸縮性があって体にフィットしやすいので、
1サイズほど大きいものを購入してあげるのが
良いと思います。

 

 

まとめ

今回は、ラッシュガードについてまとめました。

 

有害な紫外線に注意しないといけないこの時期は、
暑くてプールや海に行きたくなりますが、
紫外線対策をしっかりしてあげることが
大切です。

 

また、海やプールだけではなく、
お出かけする場合は、
子供の紫外線対策をしっかりしてあげましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ