ホッカイロダイエットの効果は貼る場所次第?温かくなる仕組みとは?

Sponsord Link

今日は、ホッカイロダイエットの効果についてテーマにしていきたいと思います^^

 

ちまたでホッカイロダイエットが広がっていますが、効果は貼る場所に寄るのでしょうか。
また、ホッカイロの温かくなる仕組みなど、
ホッカイロについてまとめていきます。

hokkairo_girl

 

ホッカイロの温かくなる仕組みとは?

ホッカイロといえば、袋からとりだしておくと
いつの間にか温かくなるものですよね。

 

冬の寒い時期は、貼るタイプ、貼らないタイプともに
ホッカイロに助けられていますw

 

そんなホッカイロですが、どのような仕組みで温かくなるのでしょうか。

 

昔、化学で習った原理を利用しているのがこのホッカイロです。

 

ホッカイロの原料は鉄ですが、
鉄というのは、塗れたまま置いておくと錆びますよね。

 

この錆というのは、鉄と空気中の酸素がくっついてできる
酸化鉄 です。

 

この酸化鉄になる反応を利用しているのが、ホッカイロです。

hokkairo

ホッカイロには、主成分の鉄以外にも、
水や活性炭、そして塩や保水剤などの成分が含まれています。

 

水と塩は、鉄が早く酸化鉄になるのを促進させる効果、
活性炭には、酸素をたくさん取り込む効果があります。

 

そして、保水剤の効果により、水分バランスを調整します。

 

これらの配合によって、ホッカイロの温度、持続時間を
調整しています。

 

水と塩、活性炭の配合によってホッカイロの効き目は変わってくるので、
ホッカイロを作っている会社によって、
ホッカイロが温かくなる持続時間が
変わってくるわけです。

 

使い捨てカイロの反応式としては、
2Fe+ O2→ 2FeO+ 熱エネルギー
ではなく、
Fe+  3/4O2+ 3/2H2O→ Fe(OH)3 + 熱エネルギー となります。

 

日常に化学反応が利用されているというわけです^^

sponserd link

ホッカイロダイエットの効果は貼る場所次第?

さて、ホッカイロダイエットというものが、
注目されています。

 

体を温めることで、ダイエット・美容・冷え性改善などの
効果が期待されています。

 

具体的に、ダイエット効果として貼る場所は、
お腹と腰回りです。

 

具体的に、【仙骨】【丹田】と呼ばれるところに
ホッカイロを貼ります。

 

仙骨は、おしりの割れ目が始まる部分
丹田は、へそから指4本分くらい下 の部分です。

 

仙骨には血液がたまりやすく、丹田には神経が
集中しているといわれているので、
この部分を温めることで、
基礎体温があがる、血流が良くなり、美肌やダイエット効果があるというわけです。

 
生理痛や腰痛、便秘にも効果があるといわれています♪

moon_article_18

画像引用:http://beauty-matome.net/diet/kairo-2.html

下着の内側に貼ります♪
 

また、肩こりに悩んでいる方は、
ホッカイロで肩こりを改善することもできます^^

 

温めることで、肩周辺の筋肉の血行を良くし、
結果的に肩こりの症状が良くなるとされています♪

 

この位置に貼ってください↓↓

t02200254_0520060012788312531

画像引用:http://ameblo.jp/mocomocomoko/entry-11734035145.html

 

 

まとめ

今回は、ホッカイロの温かくなる仕組みや、
ホッカイロダイエットの貼る場所についてまとめてみました。

 

体が温まるだけではなく、貼るだけで
ダイエットの効果もあるというのは
すごいですね!!

 

冷え性で悩んでいる方も、
仙骨を温めることで血流が良くなります。

 

ダイエット効果以外にも、冷え性の改善目的で
使用してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、低温火傷には気をつけましょう。

★こちらの記事もどうぞ
ホッカイロを飛行機に機内持ち込みはOK?正しい捨て方や再利用の方法とは?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ