ニーハイブーツはいつからいつまでOK?下がるのはどう対策する?

Sponsord Link

今日は、ニーハイブーツをテーマにしていきたいと思います^^

 

ニーハイブーツはブーツの中でも人気のアイテムですが、
いつからいつまで履いてもOKでしょうか。

 

またニーハイブーツの難点として、下がってしまうというのが
あげられますが、下がらないようにするのは
どのように対策をするのが良いでしょうか。

 

そんなニーハイブーツについてまとめていきます。

215103

 

ニーハイブーツはいつからいつまでOK?

ニーハイブーツといえば、ロングブーツよりも少し長めで
膝まで覆えるブーツをさしますね。

 

ロングブーツよりも丈が長いので、
短いスカートを履く人にも良く似合いますし、
脚長効果も期待できる人気のブーツです^^

 

本革~スエードなど様々な生地のタイプがあり、
革のものだとかっこいい、
そしてスエードなどの生地ですと、可愛らしい印象を
うけますね。

 

様々な年齢の方に愛されているブーツといえます。

 

 

ニーハイブーツはいつから?

そんなニーハイブーツが店頭に並ぶのは、
9月以降です。

 

セールが終わってまずはショートブーツや秋色の
パンプスなどが並んでから、登場します。

 

ですのでニーハイブーツはあまり早い時期では履かないですね。

 

早くても10月中旬 でしょうか。
ちなみに10月中旬だとほとんどの人がブーツは履いていません。

 

目安としては昼間の温度が20℃を下回るようになってから、
11月後半くらいから履く人が多くなってきます。

 

そしてニーハイブーツが最も履かれるのは、
12~2月 くらいです。

 

それより前ですと、ショートブーツや短めの
ロングブーツが主流となります。

 

ですので早くて11月、主流は12月~と認識しておくのが
良いかもしれません。

sponserd link

ニーハイブーツはいつまでOK?

ニーハイブーツは丈が長い分、防寒の効果がありますよね。

 

しかし、その分、いつまで履いても良いのか
悩むところでもあります。。

 

そんなニーハイブーツですが、履いている人が多いのは、
2月半ばまでの時期です。

 

2月まではまだまだ寒いのですが、3月からは気温が寒くても
なんとなく春だからということで、
ブーツを履かなくなる人が多いですね。

 

3月あたりからは、ニーハイブーツやロングブーツではなく、
ショートブーツを履く人が増えてきます。

 

まだまだ履きたいという方は、
トレンチコートに合わせて履く人もいます。

 

しかしこの時期に履くのは、
なるべく色がベージュやピンク系の薄めのものが良いと思います。
 

黒や濃い茶色で本革のような素材だと
少し浮いてしまうような気も…。。

 

自分の服装に合わせて調整しましょう^^

 

 

ニーハイブーツが下がる対策は?

ニーハイブーツはものによっては下がってきてしまうのが
あります。

 

ファスナーがついていたり、皮のような素材ですと、
下がるというのはあまりないのですが、
スエードの生地だと、いつのまにかずるずるとずれ落ちて
膝下まで落ちる…
ということもあり困りますよね。

 

そこでおススメの方法はストッパー を使うというものです。
野球選手やサッカー選手が使用するものですが、
靴下の位置をキープしてくれます。

 

これをニーハイブーツの先端にとりつけて、
とりつけた部分を見えないように、少し折り返します。

 

そうすることで、ニーハイブーツをずり落ちなしで
履くことができます。
 

他には、ニーハイブーツの履く部分に、
ズボンの裾のように搾れるように加工をして
対策をしているという方もいますが、
それだとちょっと面倒ですよね。

 

基本的に、スエードタイプではなく、
ファスナーがついているようなものであれば
ずれ落ちる心配もないので、
そういったものの購入も良いかと思います。

 

 

まとめ

今回は、ニーハイブーツの履く時期や下がる対策について
まとめてみました。

 

ニーハイブーツを履く時期は人それぞれですが、
人の目を考えると、
12~2月が一般的です^^

 

素材を選んで、おしゃれを楽しんでください。

★こちらの記事もどうぞ
ショートブーツはいつからいつまでOK?結婚式で履くのはマナー違反?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ