インフルエンザで微熱だけ下がらない時はどうする?37度前後の時の検査は意味なし?

Sponsord Link

今日は、インフルエンザで微熱が下がらないときをテーマにしていきたいと思います^^

 

インフルエンザで微熱が続く場合はどうしたら良いのでしょうか。
また、37度前後の場合は、インフルエンザの検査をしても意味がないのか…

 

そんなインフルエンザの熱についてまとめていきます。

mask_woman

 

インフルエンザで微熱が下がらないときはどうする?

インフルエンザに感染すると、一気に高熱となり、
関節が痛くなったり、体がだるくなったり…
と様々な症状がでてきますよね。

 

そしてインフルエンザが治ってくると、
熱が下がってくるものですが、
なかなか微熱だけ下がらない。。

 

ということも。

 

何が原因なのでしょうか。

 

通常インフルエンザの潜伏期間は1~2日間 とされています。

 

早い人では24時間以内
そして発症が遅い人でもだいたい4~6日程度で
発症するとされています。

 

そして、インフルエンザが発症すると高熱がでて、
5日ほどで熱が下がり、
そして2日ほどでインフルエンザを完全に排出して、
完治となります。

 

ですので、インフルエンザの熱は5日程度で収まるというのが
一般的です。

 

 

それでも微熱が長く続いている場合は、
インフルエンザではなく、他の病気と
合併症を引き起こしている可能性があります。

 

インフルエンザはそこまで体内にとどまっているという
わけではないのです。

 

抵抗力が低くなったために、
他の ウイルス が侵入し、体の中で悪さをしている可能性があります。

 

ですので、微熱が続くようであれば、
一度病院に行き、相談をされた方が良いでしょう。

 

風邪を合併すると、
インフルエンザの症状が重症化することもあるので、
いずれにしろ、処方された薬はきちんと飲み切る必要が
あります。

sponserd link

インフルエンザ37度前後の時の検査は意味なし?

微熱が続いているインフルエンザではないと思って
インフルエンザの検査を行わない人も多いかと思います。

 

一般に、38度以上の高熱がでないとインフルエンザだと
わかりにくいのですが、
37度前後でもインフルエンザに感染している可能性があります

 

ですので、微熱が続く場合でも 検査は可能 です。

 

そもそもインフルエンザは発症してから12~24時間で
検出することができます。



そして風邪気味と思って薬などを飲んでいると、
当然熱はあまり上がらないので、
インフルエンザではないかな?
と思っていても検査するとインフルエンザだったりします。

 

また、ワクチンを事前に打っている場合でも
高熱がでにくいとされています。

 

ですので、微熱だとしても、
頭痛や筋肉痛、そして全体の倦怠感などの
症状があればインフルエンザの可能性もあるので、
検査をしてみると良いですね。

 

ちなみに発症から2日以上たつと、
抗インフルエンザ薬の効果が
弱まってしまうので、
おかしいなと思ったら早めに検査することを
おススメします。

 

まとめ

今回は、インフルエンザで微熱が下がらない場合、
37度前後の検査の有効性について簡単にまとめてみました。

 

微熱が下がらない場合は、風邪などを合併している可能性がありますし、
インフルエンザは、微熱でもかかっている可能性があります。

 

ずっと37度くらいだからインフルエンザではないと
思わずに、おかしいと思ったら病院で
検査をうけてみましょう。

 

こちらの記事もどうぞ
新型インフルエンザは風呂やシャワーでも感染?予防接種を受けたあとの風呂は大丈夫?

予防にはマスクで♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ