くわいの食感を生かした調理法とは?栄養やカロリーはどのくらい?

Sponsord Link

c0178183_19501965

くわい と聞くと、
お正月のお節料理のイメージが強い ですよね。
他にはあまり聞いたことがないかもしれません。
今日は、そんなくわいのことを、
少しだけご紹介したいと思います。

<くわいという野菜>

9月ごろから春先まで収獲される くわいは、
もともとは 中国原産 で、
オモダカ科の水生野菜
外見はサトイモのとうな球形をしています。
栽培されているのは、
何と 中国と日本だけ とか!!
中国産は「白くわい」
日本産は「青くらい」 と呼ばれています。
中華料理にもよく使われていますが、
シャキシャキとした独特の食感 です。

主な3種のくわい

・青くわい
青色。 日本産 で、主にお正月のお節料理に使われます。
・白くわい
白色。 中国産 がほとんどで、青くわいよりも硬めで大きめ(楕円形)。
・吹田くわい(ヒメクワイ・アメクワイ)
大阪府吹田で栽培される 少し小ぶりのもの。その歴史は古く、万葉集にも出てくるそうで「 なにわの伝統野菜 」としても有名です。青くわいよりも小さく、甘みがあって栗のようなホクホクした食感が特徴です。
sponserd link

_MG_0271

<くわいの栄養価>

くわいは 意外と栄養価が高い のです!
でんぷんが主成分の 炭水化物 で、
サツマイモの約5倍の たんぱく質 を含んでいます。
若干 ビタミンB1 を含みますが、
他のビタミン類はあまり含まれていません。
しかし、 カリウムや亜鉛・葉酸 などの、
ミネラルが多く含まれています。

クワイ100 gあたりの栄養素
カロリー:126 kcal
脂質 0.1 g
ナトリウム 3 mg
カリウム 600 mg
亜鉛 2.2 mg
炭水化物 26.6 g
水溶性食物繊維 0.6 g
不溶性食物繊維 1.8 g
タンパク質 6.3 g

くわいの栄養価

カリウムは、ナトリウム(塩分)を排出する働きがあるので、
高血圧 の方にはおススメの食材です。
また、 動脈硬化予防 にもいいですね。
食物繊維も豊富なので、
便秘改善 にも効果があり、
コレステロール値を低下 させる効果もあります。

<くわいの調理法>

勢いよく芽がでることから、
縁起がよい ということで、
日本ではお正月のお節料理に使われるようになりました。
お節料理では、
煮物 酢の物 として入っていることが多いですよね。

images (1)

ハスのように、
輪切りにして揚げただけでも美味しい ですよね。

他にも、 くわいのコロッケ などはおススメの一品です。
シャキシャキとした食感が、
普通のコロッケとちょっと違って、
小料理屋さんで出てくるような一品になります。

1500

また、 くわいご飯 も美味しいですよ!
しょう油・みりん・酒の出汁でご飯を炊きます。
くわいは適当なサイズに切って素揚げしておき、
炊き上がったご飯に混ぜるだけ。
食感を楽しみながら美味しくいただけます。

images (3)

中華の味付けで、
豚肉や牛肉と炒め物 もおススメです。
ピーマンや人参などを入れて色味を加えると、
ちょっと 本格的な中華の一品 になります。

images (2)

アクが強い ので、調理する前に お米のとぎ汁で一度煮てアクを取り 、その後冷水にさらします。ここで手を抜くと、苦味が残るので要注意!


<普段のお料理にもぜひ~!>

お正月のときくらいしか食さなかった方も、
普段でもぜひお料理してみて ください。
使い方としては、
普段イモ類を使うお料理に、
代わりにくわいを入れてみるのもいいかもしれません。
何よりも食感が楽しい ので、
いつもと違った一品になると思います。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ