お歳暮やお中元のお礼電話のマナーは?ビジネスや個人で使える話し方は?

Sponsord Link

otyugen1

日ごろお世話になっている方々 へ、
感謝の気持ちを贈る のが、
お中元でありお歳暮ですね。
その時期になると、
デパートの催事場には数々のギフトセットが陳列され、
多くの人が詰めかけます。
昔からの慣習 ですが、
日本の文化 であり 一種の風物詩 かもしれませんね。
「人とのお付き合い」や「ビジネス上のやり取り」
と考えると、ちょっと面倒な感じもしますが、
近年、人付き合いが希薄になっている現代社会では、
むしろ、さらに 大切にしていきたい習慣のひとつ かもしれません。

毎年同じ時期に贈るお中元やお歳暮は、
お付き合いが多いご家庭や、
顧客を多く抱える企業などでは、
品物を選ぶだけでも時間や費用がかかるもの。
しかし逆に、
いただく側も お礼はどうお伝えしたものやら・・・
悩むところでもあります。

ここでは、いただいたお中元やお歳暮への、
お礼の仕方 」を考えてみたいと思います。

<お礼を電話でお伝えする>

基本的には、 電話よりもお礼状を送ることをおススメ します。
電話でのお礼 あくまでも親しい間柄 に限られます。
ビジネス上のお付き合いの企業へのお礼も、
基本はお礼状 です。
しかし、お付き合いの程度や、
個々のケースによっては電話でもいいかもしれません。

友人や親戚など親しい間柄への電話

親しい相手なら、
普段から電話で頻繁に話している ことが多いと思います。
まずは、品物が届いたことをお知らせして、
家族みんなの大好物、覚えていてくれたのね 」など、
いただいた 品への簡単な感想をお伝え しましょう。
親戚など、最近話していなかった相手には、
自分や家族の 近況報告などをお伝えする良い機会 でもあります。
また、自分のことばかりでなく、
相手の方の近況などもお聞きする と、
その後の会話も弾むと思います。

images

sponserd link


ビジネス上のお付き合いの企業への電話

上司からの指示で、
自分がまかされて電話する 場合、
自社の代表 としてお礼をお伝えするので、
ちょっと気を遣うところです。
でも、お礼だけをお伝えする電話なので、
長々と話すことはありません。
簡潔にお礼だけをお伝え すればいいでしょう。
例えば・・・
いつもお世話になっております。
○○会社の△△と申します。
この度は、ご丁寧に結構なお品をいただきまして、
ありがとうございました。
こちらの方こそ、
いつも大変お世話になっておりますのに恐縮しております。
社長の○○も、くれぐれもよろしくと申しております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
△△社長さまにも、どうぞよろしくお伝えくださいませ。
(相手側も社員が出た場合)
では、失礼いたします。
ありがとうございました。
images (1) ochugen

頻繁に取引 をしていて、
いつも電話をしている相手のときはどうでしょう?
わざわざお礼だけの電話をしなくても、
仕事のことで電話した際に
いただきものが 届いた旨をお知らせ して、
そこでお礼をお伝えする のもいいでしょう。

<電話でのお礼はあくまでも近しい間柄だけ!>

お礼は「やはりお礼状で!」が基本 だと思います。
近況などもお伝えしたい場合には、
お礼を兼ねて 封書でお手紙 を書かれてもいいと思いますが、
単にお礼だけなら ハガキでも十分 です。
ある程度決まった形 があるので、
その ポイントさえ押さえて おけば、
それほど難しく考えなくても、
サラッとお礼状は書けるものです。

お礼状の書き方については、こちらを参照してみてください♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ