肉まんの蒸し方や蒸し時間はどれくらい?包み方はどうする?

Sponsord Link

肉まん、豚まん、中華まんなど、
呼び方はイロイロとありますが、
寒くなると美味しさ倍増の肉まん。

コンビニの肉まんも美味しいし、
中華街の有名店の豚まんも食欲をそそります。

自宅でお店の味を再現できるのか?
肉まんレシピをご紹介しましょう。



大阪名物蓬莱551豚まんみたいな肉まんレシピ


【準備する材料】8個分

★ 皮の材料

強力粉 50g
薄力粉 150g
ベーキングパウダー 5g
ドライイースト 5g
砂糖 30g
サラダ油 6g
塩 少々


◆ 具の材料

豚ひき肉 150g
たまねぎ 2分の1個
パン粉 大さじ1と半分
醤油 大さじ1
ごま油 大さじ2分の1
砂糖 大さじ2分の1
片栗粉 大さじ2分の1
中華調味料 大さじ2分の1

中華調味料 はウェイパーを使うと
本格的な味になります。

皮の作り方


皮の材料をボウルにすべて入れます。

そしてぬるま湯を100cc準備します。

ボウルにぬるま湯を少しずつ入れて、
生地をこねます。

そしてラップをして、
約15分~20分 ほど寝かしておきます。
この時、冷蔵庫に入れる必要はありません。

生地を寝かしている間に
具を準備します。

具の作り方


たまねぎをみじん切りにします。
551の豚まんは、 たまねぎが大きめ ですが、
好みによっては細かくしてもOKです。

みじん切りにしたたまねぎにパン粉を加え、
他の具の材料をすべて混ぜます。

具を8等分に分けておきます。
sponserd link


皮で包む


皮を8等分に分けます。

そしてめん棒を使って広げます。

丸く広げた生地の四隅を軽く引っ張って伸ばします

10㎝四方の四角 にして、
中心に具を乗せます。

そして角ではなく、辺を合わせる ようにして包み、
閉じていきます。

中央をつまんでひねる ようにして、
すき間もしっかり閉じます。

蒸し器を使って蒸す場合は、
中火で20分 くらいで蒸しあがります。

スチームオーブンの場合は、
20分~25分 くらいです。

生地が膨らんでくっつくので、
蒸す前に並べる時は、
間隔をあける ようにしましょう。

手抜き肉まんのヒント


肉まんを作る時に、
時短で作りたい時におすすめなのが、
市販の焼売を活用する 方法です。

焼売を皮で包んで蒸すだけなので、
具を準備する手間が省けます

焼売に形成されているものなら、
包むのが苦手な人も練習になると思いますよ。

皮の作り方さえマスターしてしまえば、
具の味付けは自由 に変えられます。

こしあんを入れて、 あんまん も作れますね。

買ってきた肉まんも手軽で美味しいですが、
やっぱり出来たての美味しさは別格だと思います。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ