ラムネの原料や成分は何?ダイエット効果もあるの?語源は?

Sponsord Link

シュワっと美味しいラムネは、
懐かしい飲み物として、
今も人気がありますね。

観光地などで、ご当地ラムネなんてありますが、
今回は、ラムネ菓子についてご紹介します。

ラムネ菓子は、駄菓子なので、
大人になるとあまり食べる機会もありませんが、
ラムネについてまとめました。

ラムネ菓子の原料


お店で売っている市販のラムネの原料は、
クエン酸、ブドウ糖、片栗粉 といったものを使い、
着色量や香料などを加えて作っています。

昔のラムネは、 スーッとした清涼感 を出すために、
重曹 も入っているものが多いのですが、
この頃の市販のラムネには、あまり重曹は
入っていないようです。



ラムネの語源は?


ラムネは、お菓子よりも、
飲み物の方が先に作られました。

1865年に長崎で初めて
レモネード という飲料を売り出した人がいて、
その時は「レモン水」と名前がついたそうです。

その後、徐々に西洋の文化が入ってきて、
レモネードを正しく発音できなかった ことから、
訛って「ラムネ 」になったというのがラムネの語源だと
伝わっています。

お菓子のラムネは、
飲料の シュワシュワ した感じを
再現するお菓子として作られました。

それが、 ラムネの由来 なので、
海外では、ラムネというものは存在しません。

sponserd link

ラムネは自宅でも作れる


ラムネの原料を見ると、
とてもシンプルなので、
自宅でも簡単に作れる のですよ。

手作りラムネのレシピは
とてもシンプルなので、
お子さんと一緒に作れるおやつ としても
人気がありますよ。

ラムネの作り方


【材料】

パウダーシュガー 50g
コーンスターチ 10g
クエン酸(食用)小さじ4分の1
重曹  小さじ2分の1
レモン果汁 小さじ2分の1
水 小さじ2分の1
着色料(色を付けたい場合のみ)

【作り方の手順】

1.ボウルにパウダーシュガーと
コーンスターチを入れて混ぜます。

2.クエン酸とレモン果汁、水を入れて
しっかり混ぜます。

(着色料を入れる場合はほんの少し加えます)

3.ムラがなくなるまで混ぜたら、
重曹を入れます。

4.ダマがなくなるようにスプーンの底を使って
潰すようにします。

5.型に入れたり、計量スプーンなどを使って、
好みのカタチに固めます。

6.お皿などに並べて乾かせば完成です。


ラムネのダイエット効果


ラムネが ダイエットに効果がある ようなことが
ネットで検索されているようです。

しかし、ラムネの原料を見ればわかりますが、
特にダイエット効果を促進したり、
サポートするようなものは入っていません。

砂糖を使っているので、
ブドウ糖を補うことはできます ので、
脳に栄養を与える効果 があるので、
疲れている時や、集中力が足りない時などに、
手軽な栄養補給には良いかも知れません。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ