マーガレットの育て方!剪定や切り戻し・挿し木の方法は?種類は?

Sponsord Link

マーガレットは、ギリシャ語で 真珠 のことを示す、
マルガリーテスが名前の由来だと言われています。

美しい花なので、
とても人気があります。

キク科の植物 のマーガレットは、
野生種から品種改良された豊富な種類があります。



マーガレットと言えば「花占い」に使われる花


マーガレットの花のカタチは、
花の王道のようなカタチをしています。

細長い花びらが大きく開いており、
花びらを一枚ずつ抜いて占う「 花占い 」は、
このマーガレットを使っていたと思われます。



マーガレットの育て方のコツとは


マーガレットは 日当たりの良い場所 で育てます。
一年を通して、日光がよく当たるところが良いですが、
夏になって高音になり、湿度も高くなると弱ることがあります。

夏は風通しの良い場所が適しています。

冬になると、 霜に注意 が必要です。

寒さには強くありませんから、
冬に気温が低くなると枯れてしまうことがあります。
寒冷地では、夜間は屋内に移動させるなど、
霜のあたらないようにして育てます。

sponserd link


マーガレットを植える時期


マーガレットは 苗か種 から育てます。
苗から育てるのは 3月から5月 ごろが良いでしょう。

マーガレットはそれほど弱い花ではないですが、
寒冷地では地植えでは冬に枯れてしまうので、
鉢植えで育てたほうが良いと思います。



マーガレットを増やす方法


マーガレットは、 挿し木で増やす のが一般的です。

挿し木の適している時期は
5月ごろ、もしくは9月 です。

挿し木の方法は、
芽の先端を10センチほどに切り取り、
葉を3枚、4枚ほど残します。

そして、切り取った芽を
2時間ほど水を吸わせます。

コップに水を入れて、そこに入れておけば良いです。

そして、湿った土に挿します。

川砂や挿し木用の用土 を使いましょう。

挿し木が上手くいくと、
約1ヶ月 ほどで芽を出してきますので、
芽が出て来たら 鉢に植え替え てあげましょう。

マーガレットの剪定は?


マーガレットは、背の高さが 15センチ以上 になると、
倒れやすくなります。

支柱をたてて支える ようにして
倒れないようにします。

剪定は、古くなった株を
9月ごろにバッサリと半分くらいの高さに刈ります。



マーガレットの種類


マーガレットの改良品種です。
原種の素朴さを残しながら、
改良されています。

原種に非常に近いもの もありますし、
華やかに姿を変えている品種もあります。



【サマーメロディー】


【キバナマーガレット】


【チェルシーガール】


【サンデーリップル】


【クーデルスタート】


【フウレンカ】


【ドリームテトラ】


【パステルイエロー】


【メテオールレッド】


【ウォーターメロン】


可愛い花を咲かせるマーガレットを
育ててみませんか?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ