マリーゴールドは虫除けになる?種まきや寄せ植えは?種類もまとめ

Sponsord Link

マリーゴールドは、種類も豊富で、
栽培もそれほど難しくないので、
家庭の花壇で育てるのに向いています。


今回は、マリーゴールドについて
ご紹介しましょう。



マリーゴールドとは


マリーゴールドは、キク科の植物で、
原産はメキシコなど中米地域 です。

日本では、孔雀草や千寿菊という
別名で呼ばれることもあります。

品種改良によって、
咲き方も時期も様々ですが、
主な品種の開花の時期は
6月~10月 になります。

夏から秋に美しい花を咲かせます。
sponserd link

マリーゴールドの種類


マリーゴールドには、品種改良によって
多くの種類がありますが、
そこには、主な系統に分けられています。

【アフリカン・マリーゴールド】

アフリカン種は、和名で 千寿菊 と呼ばれる品種などがあります。

草の丈が高く成長し、花も大きめなので、
大柄な品種が多いのがアフリカン種の特長です。
マリーゴールドという花としては、
最初に伝わってきたのがアフリカン種です。

有名な品種には、八重咲きの タイザンやF1バニラ などがあります。


【フレンチ・マリーゴールド】

フレンチ種は、和名では 孔雀草 とも呼ばれ、
小さめな花を咲かせる上品な品種が多いです。
フランスの王様の暮らす庭園に植えられていたので、
フレンチ種と呼ばれるようになったそうです。

有名な品種には、 ボーイやデュランゴ などがあります。


【メキシカン・マリーゴールド】

原種と、その 原種の品種改 良の種類は
原産地であるメキシコからメキシカン種と言います。

一重咲きが多く、 レモンジェムや
オレンジジェム
などがあります。




マリーゴールドの育て方


マリーゴールドは、日当たりの悪いところでは、
花が付きにくくなりますので、
日光によくあてて育てる ようにします。

ただ、真夏には成長が止まることもあるので、
風通しの良いところ に移動させるようにすると、
育ちが良いです。

鉢植えや、プランター で育てると
良い環境で育ちやすくなります。

暑さに弱い品種もある ので、
花壇で育てる場合は、
花壇の環境に適しているものを植えましょう。


マリーゴールドの虫除け効果


マリーゴールドを虫よけのハーブとして
使うこともあるので、
虫除け の目的で他の植物と寄せ植えすることがあります。

強い虫よけ効果はありません が、
できるだけ殺虫剤を使わないように自然に近い環境で
植物を育てるために、
植えるのも良いのではないでしょうか。

あらゆる害虫に効果があるわけじゃないので、
あまり 高い効果は期待しない方が良い ですが、
プチトマトやキュウリ、豆類などの家庭菜園にも
相性が良いです。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ