シンビジウムの植え替え・株分けの方法や時期は?値段はどれくらい?

Sponsord Link

シンビジウムは、上品な花を咲かせる 洋ランの一種 です。

胡蝶蘭とともに、人気のあるお花です。

鉢花としてちょうど良いサイズのシンビジウムなので、
贈り物にも喜ばれます。

シンビジウムの育て方のポイントなどをご紹介します。

シンビジウムの育て方のコツとは?


シンビジウムは冬の花 なので、
寒さには強いのが特長です。

そのため、上手に育てるためには、
寒さ対策よりも、 夏に注意 しなくてはいけません。

高温になり過ぎると、弱ってしまいますので、
夏はできるだけ 風通しが良いところ に置きます。

冬以外は、肥料をしっかり与えることと、
芽を適度に摘み取る ことが、キレイな花を咲かせるコツです。

sponserd link


シンビジウムを植える方法


シンビジウムの苗は、 4月の半ばから5月の上旬 を目安に植えます。

5月~10月 までは、強い陽射しを避けたほうが良いのですが、
あまり日陰にならないように、 半日蔭の場所 で育てます。

シンビジウムの水やりや肥料の与え方


シンビジウムは水やりを十分にします。

土の表面が乾いているなら、
しっかり水を与えてあげましょう。

9月ごろまでは、吸水がとても活発なので、
1日に1回~2回を目安に水やり をします。

水を与える時は、頭からかけた方が
虫が付きにくくなりますよ。

秋から冬 にかけてのつぼみがない時期は、
1週間に2回くらい まで減らしても大丈夫です。

つぼみがついて、膨らみ始めるころには、
2日~3日に1回 に増やしましょう。

肥料を与えるのは、冬と夏の暑い盛りは避けます。



シンビジウムの植え替えの方法


鉢の中が窮屈になったら、
一回り大きな鉢に植え替えしましょう。

植え替えの時期は3月~4月 にします。

植え替えに使う土作りは、
水はけの良い土 を準備します。

軽石にバークチップを20% の割合で加えるか、
日向土に40%の割合でパーライトを混ぜるくらいが適しています。


シンビジウムを増やす方法


シンビジウムは、 株分け して増やすことができます。

株分けをする時は、鉢から土ごと抜き出して行います。

水につけて、根についた土を除きながら分けます。

株分けを行うのは、 3月~4月中 にしましょう。

5号~6号くらいの鉢に植え付け てください。


シンビジウムの値段


シンビジウムは、冬の洋ランとして人気があります。

ギフトに選ぶことも多いので、
もしも購入する場合の価格もチェックしてみました。


楽天では、 2本立ちの鉢植で2,800円~ 販売されています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シンビジューム.得々おまかせセット白2本立ち 送料無料。
価格:2800円(税込、送料無料) (2017/3/14時点)


品種によって差がありますが、
1本1,500円ほどで予算をする と良いと思います。

もしも贈り物えシンビジウムをいただいとしたら、
ランの中でも育てやすいお花なので、
ぜひ育てて増やしてみても良いのではないでしょうか。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ