キンセンカの育て方!種まき時期や方法は?花言葉は?

Sponsord Link

とても素朴でカワイイ花を咲かせるキンセンカ(金盞花)は、
庭に植えたリ、ベランダで育てたリするのにも向いているので、
ご家庭で育てている方が多いです。

オレンジ色がとても暖かみがあり、
ホッとさせてくれるキンセンカを、
ご自宅で育ててみてはいかがでしょう。


キンセンカとは


キンセンカは、ヒマワリと同じ種類で、
キク科 の草花です。

花の色は、ヒマワリと同じように、
オレンジや黄色の暖かい色が多いです。

キンセンカは、他の名前で売られていることもあります。

学名では カレンデュラ といいます。

お花屋さんやガーデニングショップでは、
ポットマリーゴールド という商品名になっていることもあります。



キンセンカを育てる準備


キンセンカを育てるのには、
苗から育てる方法と、種から育てる方法があります。

種は一年中売っているものですから、
種から育てても良いのですが、
初心者には少しレベルが高いので、
苗から育てる方が失敗のリスクが少ない ので、
できれば苗から育てることをおすすめします。

必要なものは、
直径15センチ以上の鉢(5号)と草花用の培養土 です。

鉢底のネットも準備しましょう。
sponserd link

キンセンカの育て方


キンセンカの苗は、 1月~3月ごろ に植えます。
お店で苗を買うのも、1月ごろを目安にします。

5号の鉢に一つずつの苗を植えて育てます。

手順をご説明しましょう。

1.鉢の底にネットを置きます。
2.土を3分の1まで入れましょう。
3.苗を出して根についた土を軽く落とします。
4.苗を鉢に入れて土を軽くかぶせます。
5.根にすき間があかないようにします。
6.日当たりの良いところに置いて水を与えましょう。

水やりや肥料は?


キンセンカの水やりは、
土の表面が乾いていたら 水やりをします。

日当たりの良いところに置くので、
夏は1日1回は必要 になるでしょう。

肥料については、葉っぱの色が悪くなったり、
葉のハリがないような感じがしたら、
液体の肥料 などを与えると良いです。

キンセンカを枯らせないためのポイント


キンセンカは、 ジメジメしている環境 では
元気がなくなります。

土がいつまでも乾かないような状態は
あまり良くないので、
風通しの良いところで育ててあげましょう。

キンセンカの花言葉


キンセンカは、暖色系の可愛らしい花なのに、
花言葉はあまりポジティブ なものがありません。

「別れの悲しみ」
「寂しさ」
「失望」
「悲嘆」

このような 悲し気な言葉 が並びます。

見た目からは想像できないような花言葉ですね。

でも、キンセンカの可憐さには癒されます。

人に花をプレゼントする時だけは、
ちょっと花言葉をチェックした方が良いかも。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ