カランコエの剪定!挿し芽や挿し木、植え替えや切り戻し方法は?

Sponsord Link

カランコエは、部屋の中で育てている方も多いですね。
厚みのある葉と、華やかで暖かみのある花が特長です。

カランコエは、 初心者でも育てやすい と言われますが、
難しいポイントとかないのでしょうか。





カランコエを育てる準備


カランコエは、アフリカが原産 です。
乾いた土地でも強いので、 湿度には弱い です。

日本で育てる時は、 温度の管理 などは注意が必要です。

鉢に植えて、乾燥や温度を管理しやすくしましょう。

部屋の中で育てても、30センチ以上にはならないので、
適していますよ。

冬は、 10度以下になる場所には置かないようにします
5度以下の気温が続くと、枯れることもあるので注意です。

カランコエの水やりの方法


乾燥に強い植物なので、水やりには少しコツがあります。

春から秋まで は、土の表面の乾き具合を見て、
表面が乾いたらたっぷり水やりをします。

土が湿っている時に水やりをすると、
根が腐ってしまう原因 になるので、
表面が乾いているかがポイントです。

秋から冬 は、さらに乾いた状態します。
土の表面が乾いていても、三日くらいはそのままにします。

花を咲かせるための摘心


キレイにカランコエの花を咲かせるために、
夏になったら新しく出てきた 芽を摘みます

せっかく生えてきた芽なのに、
摘んでしまうなんて、そんなかわいそうなこと・・と
思われるかも知れませんが、花をキレイに咲かせるために
必要なことなのですよ。

新しい芽に、栄養が集まってしまい、
他のところに栄養が足らなくなってしまうと、
花がキレイに咲かなくなることがあります。

芽を摘む作業(摘心) は、大切なことです。
sponserd link

カランコエの植え替え


カランコエが大きく育ってきたら、
植え替えてあげましょう。

植え替えの時期は 3月から4月 ごろか、
9月ごろ がおすすめです。

カランコエの剪定


カランコエは 剪定 という作業と同じように、
切り戻し をします。

茎や葉がたくさん茂ってきたら
1年~2年に一度くらいのペース で切り戻しします。

伸びすぎた部分を切ります。
根元から10センチくらいを目安 にして切ります。

かなり大胆に剪定するので、
最初はちょっと心配かも知れませんね。

でも心配ありませんので、
大胆に 根元から10センチ で整えましょう。


カランコエの挿し木(挿し芽)


カランコエの 挿し木 は、とても簡単です。

茎を10センチ ほど切って、
土に挿しておくだけです。

挿し木に適している時期は、
カランコエの成長が活発になる4月から9月ごろまで に行います。

半年くらいで根がしっかりとしてきます。
根がしっかりしたら、大きめの鉢に移してあげましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ