オリーブの育て方!剪定・植え替え・寄せ植え方法とは?増やし方は?

Sponsord Link

オリーブといえば、料理にも使われることが
一般的になってきたオリーブオイルを採取できる
果実を実らせる樹木です。

イタリア料理がブームになって以来、
私たちの食卓に普通にあるものです。


私たちの生活になじみのある樹木となったオリーブを
育てるときのポイントについてご紹介しましょう。

オリーブとは


オリーブといえば、イタリアやスペインなどが
有名な産地ですが、
中近東、地中海沿岸、北アフリカ など、
広い地域にあります。

オリーブは、紀元前3000年頃には、
栽培していたという記録もあるので、
長く人類が生活に活用していた歴史があるのです。

日本国内でも、瀬戸内海の面した地域などでは、
オリーブの栽培も盛んになっていて、
日本産のオリーブオイルの生産も盛んになっています


オリーブの実をつけさせることは?


オリーブは常緑樹なので、
室内で 観葉植物 として育てることもできます。

寒さには思っている以上に強く、
乾燥にも強いので、育てる難易度は中程度です。

オリーブを育てていれば、
そのうちオリーブの実をつけてくれるの?
と思ってしまいますが、残念ながら
普通にオリーブを育てているだけでは、
実をつけることはない のですね。

実をつけさせるためには、
他のオリーブの花粉を受粉させないと、
実をつけません


しかも、同じ種類のオリーブの花粉ではなく、
他の種類のオリーブの花粉を受粉させないと
実をつけることはないので、
カンタンに木を育てるだけでは実は見られないのです。

sponserd link


オリーブの剪定


オリーブの木は、 枝の成長スピードがとても速く
一年で10センチを優に超えるほど伸びることもあります。

ですから、剪定しないで放置すると、
枝が混みあってきて、樹形も崩れますし、
枯れる原因を作ります。

適度な剪定は大切な手入れです。

オリーブの剪定は、3月~4月 くいらいに行います。



オリーブの増やし方


オリーブは、挿し木で増やすことができます。
挿し木の方法には、緑枝さしと太枝さしの2つの方法 があります。

緑枝さし は、7月ごろに、
その年に伸びた枝を使います。
若い枝の先端から10センチくいらいに切り、
川砂を湿らせて挿します。
半日陰になる場所で乾かないように注意 して、
根が付くまで管理します。

太枝さし は、剪定のときに出た
太い枝を使う方法です。
直径5センチくらい、長さは30センチくらいの枝
土の中に深く埋めます。
先端が少し出るくらいに埋めます。


オリーブの植え替え


オリーブの木を庭木として直接地面に植えた場合は、
植え替えの必要はありません。

鉢植えで育てている場合は、
根が詰まってしまうので、
適度な植え替えが必要 になります。

鉢の大きさにもよりますが、
成長が早いものでは1年に一度、
遅くても2年に一度の植え替えは必要になります。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ