イベリスの育て方!切り戻しの時期や方法は?花言葉は?

Sponsord Link

花壇を彩る花としてイベリスは世界中で人気があります。
品種改良も盛んに行われていて、
自生しているイベリスから様々な変化を遂げています。

イベリスに魅力についてご紹介しましょう。




イベリスについて


イベリスという名前は、
イベリアという国の名前が由来になっています。

イベリアというのは、現在で言うところの スペイン のことです。

スペインにこの花の原種と思われる植物が
多く自生していたことから、
イベリスという名前が付けられたと伝わっています。

中国では、 屈曲花(マガリバナ) と言う名前で呼ばれています。

なぜ屈曲花と呼ばれるのか、
その理由には、この花が太陽の方に向いて咲くために、
茎を曲げる性質がある ことが由来だと言われています。
sponserd link

イベリスの育て方ポイント


イベリスには、流通している品種によって、
育て方に違いがあります。

基本的には日当たりの良いところで、
暖かいところを好むのですが、
品種によっては寒さに強いものもあります。

年草と多年草 の種類もわかれますので、
その品種に適した育て方をする必要があります。


一年草の種には、寒さに弱いものが多く、
多年草は寒さに強いが湿度に弱いなど、
それぞれに特性があります。

イベリスの種類


【イベリス・アマラ】
白い花を咲かせて、大きくボリュームがあります。
一年草で香りが強いです。

【イベリス・オドラータ】
白い花を咲かせて、マナラよりも小さめの花です。

【イベリス・センぺルビレンス】
白色の他にも淡い紫の花を咲かせるものもあります。
多年草で丸い形状の花が咲きます。

【イベリス・ウンベラータ】
白、赤、ピンク、紫と花色のバリエーションが多いです。



イベリスの増やし方


イベリスは 一年草は種をまいて増やし ます。
多年草の種類は、種まきと挿し木をする ことで増やせます。


挿し木に適している時期は、
9月~10月 ごろです。


イベリスの花言葉


イベリスの花言葉は、
種類、花の色によって世界各地で様々あります。

全般的に使われるイベリスの花言葉には、
「甘い誘惑」
「初恋の思い出」
「心をひきつける」
といった
ロマンティックな花言葉があります。

その一方では、 「無関心」 という
何とも冷淡なイメージの花言葉もあるので不思議です。

小さな花が集まって咲くイベリスは、
華やかにも可憐にも見えるものです。

花壇には良く映えるイベリスなので、
色んな品種のイベリスを揃えて咲かせてみると、
美しさが一層引き立つのではないでしょうか。

その地域に適した品種を育てれば、
それほど難しくないので、初心者でもトライしてみましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ