9月下旬の季節の挨拶の文例と書き方まとめ!秋の季語も入れてシンプルに

Sponsord Link

今日は、9月下旬の季節の挨拶をテーマにしていきたいと思います^^

 

9月下旬にはどのような挨拶が使えるか文例や書き方を紹介します。
9月下旬にもなると、彼岸もすぎて、だいぶ涼しく感じられる季節
ですよね。

 

涼しさも手紙の中に入れ込めると良いですね。

sep02_a22

 

9月下旬に使える挨拶の季語

では、9月下旬に使える挨拶の季語を紹介していきます^^

 

9月上旬や中旬には、
初秋や野分、新秋、新涼といった秋の始まりを指す季節の言葉
を使用することができました。

 

しかし、9月下旬は、その年にもよりますが、
大分、暑さが和らいでくる時期ですね。

 

なので、9月下旬の場合は、涼しくなったことが伝わるような季語が良いですね。

 

例としては、
秋冷・孟秋、秋晴、涼風、彼岸花などの
季語を使用するのが良いです。

 

また上旬や中旬に使用した
秋涼は9月全般に使える季語でもあります。

 

季節の言葉としては、
敬老の日、秋の長雨、夜長なども使用できます。

 

また9月23日は 秋分の日 です。
二十四節気のひとつにあたりますので、
9月23日あたりであれば、秋分という言葉も
用いても良いですね。

 

 

9月下旬の挨拶の例文

上記の季語を挨拶の文に入れ込むのが良いです。

illust375

9月下旬の書き始め

9月下旬は過ごしやすく、涼しくなってきている時期です。
なので、書き始めとしては、

 
・十月が近づき、秋の気配が一層深まってまいりましたが、お変わりないですか。
・例年になく雨の多い秋となっていますが、いかがお過ごしでしょうか。
・さわやかな秋風が吹く季節、皆様お変わりありませんか?
など、季節の言葉に、安否の言葉を付け加えるのが良いです。

 

また、目上の人や正式な文章の場合の書き出しには、
【~候】や【みぎり】という言葉を季語のあとにつける形にして
書きだすのが良いです。
sponserd link


例としては、
・孟秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
・秋晴のみぎり、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。
かしこまった印象になります。

 

 

9月下旬の結び

結びとしては、書き始めの言葉と同じように
季節のことば+安否のあいさつでしめくくるようにします。

 

手紙の例文としては、
・秋風が肌に心地よい季節となりました。お健やかにお過ごしください。
・秋の長雨の日が続きます。どうぞお身体を大切にお過ごしください。
・夏の疲れが出やすい時期です。どうぞお体大切に。
など、相手を気遣える文章が入れ込めると良いですね。

 

また、目上の人や正式な文章の場合には、
・清涼の季節です。ますますのご活躍のほどをお祈り申し上げます。
・新秋の折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
など、こちらも季節のあいさつ、一言加える形が良いですね。

 

 

まとめ

今回は、9月下旬の季語や挨拶の例文を紹介しました。

 

年によりますが、9月下旬になると大分涼しくなりますね。
逆に残暑が厳しい季節の場合もあります。

 

9月下旬になっても残暑が厳しいと感じるのであれば、
文章の中に、残暑という言葉を使用するのも良いと思います。

 

自分の言葉で相手を気遣った文章にできると良いですね。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ