9月の赤ちゃんの育て方とは?初秋の残暑残る季節にぴったりな食事とは?

Sponsord Link

今日は、9月の赤ちゃんの育て方をテーマにしていきたいと思います^^

 

9月といえば、残暑の残る季節ですよね。
そのときにぴったりな離乳食などについてもまとめていきます。

赤ちゃん イラスト

 

9月の赤ちゃんの育て方

水分補給や熱中症にまだ警戒を

9月というのは、もう秋という感じもしますが、
実際の気温というのは、夏並に高いんですよね。

 

なので、9月は秋といえども気が抜けない時期です。

 

行楽の季節になるので、赤ちゃんとおでかけをするママも
多いかもしれません。

 

9月も下旬になると、だいぶ気温は下がってきますが、
9月はまだまだ警戒が必要です。

 

というわけで、9月に気にしてほしいのは、
体温と水分補給の管理です。

 

まだ残暑がきつい時期なので、
赤ちゃんとのおでかけの際は、
水分補給をできるように水分は持ち歩くようにします。

 

白湯や麦茶が持ち歩きには最適です。

 

また外出している場合では、
まだまだ太陽の日差しが心配です。

 

紫外線の量は、まだ8月とそこまで変わりがない時期なので、
少し気温が下がったからといって油断せず、
赤ちゃんの日焼け止め対策として、
赤ちゃんには日焼け止めクリームや帽子で
紫外線対策をするようにします。

 

★日焼け止めに関してはコチラの記事もどうぞ
乳幼児の紫外線対策まとめ!日焼け止めや帽子で予防は可能?

 

 

9月の赤ちゃんの服装

9月は残暑の時期ですが、
地域によっては、夏場よりも夜が冷えやすくなります。

sponserd link


なのでそこまで薄着にならないように赤ちゃんの服装の
調整が必要です^^

 

生後3か月まで

短肌着+コンビ肌着

 

暑い時期ではありますが、寒くなってくる時期なので、
体温調整できるようにしてあげます。

 

残暑が残る暑いときには、コンビ肌着1枚に
タオルケットをかけてあげます。

生後3か月~6か月

コンビ肌着+ツーウェイオール

 

残暑が厳しい時には、半そででお腹が冷えない
つなぎタイプがおススメです。

生後6か月~9か月

ボディスーツ+カバーオール
まだ暑い時期なので、半そでのボディシャツに
薄手のカバーオールを着せてあげます。

生後9か月~12か月

肌着+ベビーウェア

 

赤ちゃんの動きを妨げないような
ベビーウェアを着せてあげます。
女の子ならワンピース、男の子なら長袖シャツに
スパッツなど。

 

コーディネートが楽しめてくる時期ですね。

残暑の時期の赤ちゃんの食事は?

9月の野菜の旬は、さつまいもやかぼちゃ、ナスなどの
野菜です。

 

9月はまだ残暑が厳しいですし、
暑さが残っているので、夏野菜の離乳食も
まだおススメです。

 

夏野菜としては、
トマトやとうがんもあげられます。

 

9月におススメのメニューとしては、
・かぼちゃやさつまいも入りのおかゆ
・かぼちゃ・とうがんのスープ
・トマトのサラダ
・なすのグラタン
などの夏野菜・秋野菜をミックスした
離乳食を用いるのが良いです。

 

8月に食べきれなかったそうめんを活用した
野菜スープも9月の時期であれば、
まだ離乳食として活用できます。

 

 

まとめ

9月の赤ちゃんの育て方についてまとめました。

 

夜は涼しくなってはきますが、
まだまだ日中は暑い時期です。

 

水分補給や熱中症に気をつけるとともに、
服装の調整もしてあげましょう♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ