11月の赤ちゃんの育て方のポイントとは?手作りおやつで晩秋の寒さをふっとばそう!

Sponsord Link

今日は、11月の赤ちゃんの育て方をテーマにしていきたいと思います^^

 

11月は、晩秋の時期なので、寒くなってくる時期ですよね。
そんなときは、季節の野菜を使った手作り料理で離乳食を作るのも
良いですよね♪

 

また、寒くなってくる時期なので、
赤ちゃんの体調を気遣ってあげることが大切です。

 

そんな11月の育て方についてまとめていきます。

赤ちゃん イラスト

 

11月の赤ちゃんの育て方

11月晩秋の寒さの服装はどうする?

ではまずは服装についてです。

 

11月は、真冬とはいえませんが、
9月や10月と比較すると、
だいぶ寒くなってくる時期ですよね。

 

朝晩冷え込むので、服装にも気をつけてあげる必要があります。

 

そんな11月の注意するべき服装についてみていきましょう。

 

 

3か月までの赤ちゃん

短肌着+長肌着+ツーウェイオールやベビーオール

 

11月の時期は、急激に冷え込むこともあります。
生まれてすぐに風邪をひかないよう、防寒に
気を付けます。

sponserd link


ただ、赤ちゃんは大人より着させ過ぎないよう、
1枚少な目にします。

【長肌着】
【ツーウェイオール】

3~6か月までの赤ちゃん

コンビ肌着+カバーオール+ベスト
だいぶ首がすわってくる時期です。
気温さが大きいので、
ベストなどの羽織もので体温の調整を
してあげるようにします。

 

カーディガン類もおすすめ。
【カバーオール】

6か月~9か月までの赤ちゃん

ボディスーツ+カバーオール+カーディガン
腰が据わるようになり、ハイハイやおすわりができる
時期です。
セパレートタイプの服も着ることができるようになります。

【ボディシャツ】

9か月~の赤ちゃん

ボディシャツ+セパレートタイプの服

ハイハイやつかまり立ちができる子がでてきます。
この時期になるとセパレートタイプもOKなので、
長袖に長ズボンのセパレートもありです。

【セパレート】

赤ちゃんの秋にはこのおやつ

11月の秋といえば、サツマイモが旬な時期ですよね。
サツマイモがといえば、ビタミンCや食物繊維もたっぷりで、
果糖などの単糖類も含まれています。

 

なので便秘気味の赤ちゃんにもおススメの野菜です。

 

サツマイモを使ったおやつとしては、
・サツマイモのぼーろ
・さつまいものおやき
・スイートポテト
などがおススメです

 

など大人でも食べられそうなお八つがたくさんあります。

 

参考レシピ
さつまいものボーロ
さつまいものおやき
スイートポテト

さつまいも以外におすすめの秋の食材がりんご
です。

 

りんごは1年を通して食べることもできますが、
秋が旬の時期なのです。

 

りんごのおやつとしては、
・りんごのコンポート
・りんごのすりりんご
などが手軽です♪

 

甘くて赤ちゃんにも食べやすいのでおススメ

 

コチラの記事もどうぞ★
10月の赤ちゃんの育て方とは?秋野菜(離乳食)で栄養は完璧!

まとめ

今回は、11月の赤ちゃんの服装やおススメのお八つを
テーマにしました。

 

11月は寒くなってくる時期なので、
赤ちゃんの服装には注意が必要ですね。

 

おやつには、旬のものを使用したおやつを
手作りで作ってあげるのが良いですね。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ