10月の赤ちゃんの育て方とは?秋野菜(離乳食)で栄養は完璧!

Sponsord Link

今日は、10月の赤ちゃんの育て方をテーマにしていきたと思います^^

 

10月といえば、秋野菜が多く出回ってくる時期ですので、
離乳食にも、秋野菜の栄養を取り入れたい時期ですね。

 

そして9月とは一変し、少し肌寒くなってくる時期ですよね。

 

栄養たっぷりの食事にして、赤ちゃんが風邪をひかないように
対策をしましょう。

赤ちゃん イラスト

 

10月の赤ちゃんの育て方

秋野菜の離乳食は栄養豊富なものを

10月といえば、秋野菜が多く出回ってくる時期ですよね。
食欲の秋ということで、取り入れたい野菜が
たくさんあります。

 

10月の秋野菜といえば、
・えのき
・エリンギ
・かぶ
・かぼちゃ
・ぎんなん
・さつまいも
・にんじん
などがあげられます。

 

他には、栗やブドウなど、果物も旬のものがたくさんありますね^^

 

 

さつまいもの離乳食

その中でも多く活用されるのはサツマイモではないでしょうか★

065013

サツマイモの離乳食としては、
・さつまいものおかゆ
・さつまいものミルクプリン
・さつまいも煮
・りんごとさつまいものコンポート
・さつまいもと鶏肉のソテー
などがあげられます。

 

参考ページ→ さつまいもの離乳食レシピ

さつまいもは、炭水化物の一種ということで、
果糖やブドウ糖などの単糖類を含んでいます。

 

そしてビタミンCも多く含んでおり、
食物繊維もたっぷりなので、便秘気味の赤ちゃんにも
おススメの食材です♪

 

 

きのこの離乳食

秋の味覚といえば、キノコもあげられますよね。

free-vector-illustration-kinoko

キノコは食物繊維が豊富で、すぐに火が通りやすいのが特徴ですね。
短く刻んで離乳食にすれば、赤ちゃんも食べやすいです。

 

便秘がちな赤ちゃんにもおススメの食材です。

sponserd link


ただどうしても弾力があるので、
9か月ごろからの赤ちゃんからスタートするのが
良い食材ですね。

 

きのこの離乳食のレシピとしては、
・きのこのミルクがゆ
・きのこと野菜のうどん
・えのきとじゃがいものスープ
などがあげられます。

 

参考ページ→ きのこの離乳食レシピ

きのこのレシピとしては、
細かく刻むというのを忘れずに。

 

 

りんごの離乳食

りんごは、1年を通して、食べることができる果物ですが、
旬は秋の時期ですね。

m_f_fruit300

りんごの離乳食は、1年を通してママに人気です。

 

甘味があって赤ちゃんも食べやすいですよね^^

 

りんごは加熱すると柔らかくなり、生だけではなく、ソースなどにも
使えて万能ですが、整腸作用もありますし、消化しやすい
果物です。

リンゴの離乳食のレシピとしては、
・すりおろしりんご
・焼きりんご
・りんごとさつまいものコンポート
・りんご大根
などがあげられます。

 

参考ページ→ りんごの離乳食レシピ

リンゴは甘味もあって赤ちゃんは食べやすいし、
すりおろしや細かく刻んでも活用できます。

 

生後半年から、離乳食を食べることができるので、
ぜひ挑戦してみてください♪

 

 

まとめ

今回は、10月の赤ちゃんにおススメの離乳食の食材を紹介
しました。

 

秋の味覚を使用したレシピはたくさんありますね。

 

他にもかぼちゃやかぶなども人気の離乳食の
食材です。

 

うまく活用して、栄養満点の離乳食を作ってあげてください。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ