10月中旬・下旬の季節のあいさつ文とは?お礼状も季語を入れて書いてみよう

Sponsord Link

今日は、10月中旬・下旬の季節の挨拶をテーマにしていきたいと思います^^

 

10月中旬や下旬になると大分秋らしく、そして涼しくなってきますので、
そういった季節を表す季語がお礼状などにも使えると良いですね。

 

今日はそんな10月中旬、下旬の挨拶の文例や書き方について
まとめていきます。

illust2695

 

10月中旬・下旬に使える時候の挨拶は?

10月中旬や下旬になるとだいぶ涼しくなってくる
時期ですよね。

 

朝晩も冷え込んできて、冬への準備という
感じがします。

 

そんな涼しさを感じる10月中旬、下旬に使える
季語としては、
秋涼、秋冷、秋月、秋雨、清秋、錦秋、中秋、爽秋
菊花、紅葉、涼寒、朝寒、初霜
などの季語が使えます。

 

また10月23日頃は、二十四節気のひとつである
霜降の時期なのでそういった季語も使えます。

 

シーズンを表す実りの秋・読書の秋・芸術の秋などの
季語を使えるのも良いですね。

 

 

10月中旬・下旬の書き出しや結びの言葉

では続いて10月中旬や下旬に使用できる
書き出しや結びの言葉の例文をまとめていきます。

illust3452

書き出しの言葉

例としては、
・日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。
・朝夕はめっきり涼しくなりましたが、皆様お変わりはないですか。
・山々の紅葉が美しく色づきはじめたこの時期、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。
 

など季節の挨拶+安否の挨拶をいれると、
書き出しもスッキリして印象もよくなります。

 

涼しくなってきたという表現や、季節感をだす表現
ができるのが良いですね。

sponserd link

結びの言葉

結びの言葉も、書き出しのように安否の挨拶をいれて
相手を気遣った表現をするのが良いですね。

 

例としては、
・これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体にお気をつけください。
・もうじき初霜も下ります、お体にお気を付けください
・皆様お元気で味覚の秋、行楽の秋をお楽しみください
 

など、10月中旬や下旬にもなるとだいぶ寒くなってきて
朝晩冷え込む時期です。

 

結びとしても、これからの寒い時期に備えて、
相手の体調を気遣う言葉が入れられるのが良いですね。

 

 

目上の人や正式な挨拶・お礼状

目上の人や、正式な挨拶の文章、お礼状の際は、
少しかしこまった文章にする必要がありますね。

 

そういったときは、季語に
「~候」、「~みぎり」という言葉を用いると、
正式な文章というような印象になります。

 

また、正式な文章の際には、
文頭に、 拝啓
文末に 敬具 をいれるようにしましょう。

 

書き出しの例とすると、
・霜降の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます
・秋涼のみぎり、皆様にはますますご壮健のことと拝察いたします。
 

また結びの例とすると、
・秋冷の折、なにとぞご自愛ください
・初霜の季節、社業の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
などの言葉で締めくくるのが良いですね。

 

 

お礼状のポイントとしては、
1・書き出しの言葉
2・お礼や感謝の気持ちを表す言葉
3・本文
4・今後の支援、お付き合いをお願いする言葉
今後ともよろしくお願いしますなど
5・結びの言葉
という順番で書くのが良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は、10月中旬や下旬に使える季節の挨拶の言葉を
テーマにまとめました。

 

10月中旬や下旬にもなるとすっかり秋らしくなり、
冷え込んでくる時期です。

 

そういった季節ですので、相手の体調を気遣う文章を
書けるのが良いですよね。

 

自分なりの言葉で、相手に気持ちを込めて手紙を
書くことができたら、良いですね。

★来月の季節のあいさつ文はコチラ★
11月上旬の季節の挨拶の季語と書き方のまとめ!今すぐ書ける例文のコツ
11月中旬・下旬の季節のあいさつ文とは?晩秋の季語で大人感もアップ!

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ