10月上旬の季節の挨拶の文例と書き方のまとめ!季語を加えて秋らしく

Sponsord Link

今日は、10月上旬の季節の挨拶をテーマにしていきたいと思います^^

 

10月はもう秋の季節なので、秋らしい季語を加えられると良いですね。
そんな季節の挨拶の文例や書き方をみていきましょう。

 

10月は、少し涼しさを感じるような季語が使えます^^

2012_1101

 

10月上旬に使える時期の季節の挨拶は?

10月上旬というと、暦の上ではもう秋ですね。

 

朝晩は涼しくなっていますが、
昼間はちょっと暑い…
そんな時期です。

 

そんな10月上旬は、衣替えや体育祭などのイベントも
ありますね。

 

そんな時期に使える季語としては、
二十四節気のひとつである寒露(10月8日頃)
衣替え体育の日という季語も使えます。

 

他には、仲秋などの季語も使えます。

 

10月上旬はまだ暑い時期ですが、
10月全般で使える季語としては、
紅葉・錦秋・秋冷などの季語も使えます。

 

 

10月上旬の書き出しや結びの言葉の文例

10月上旬に使える手紙の例文を紹介していきます。

illust3451

書き出し

【10月上旬の挨拶】
10月上旬の挨拶としては、文章の中に先ほど紹介したような
季語を入れ込むのが良いですね。

 

例としては、
・さわやかな秋晴れの続く今日此頃、体調などは崩されていませんか。
・すがすがしい秋晴れのもと、運動会の歓声が聞こえる季節になりましたが、
皆様お変わりありませんか。
・澄みきった青空が秋を感じるこの頃、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
 

書き出しの文としては、
時候の挨拶+安否の挨拶として、
相手の体調を気遣う文章が続くのが良いですね。

 

結びの言葉

結びの言葉も書き出しの言葉と同様に、
時候の挨拶+安否の挨拶で締めくくるのが良いです。

 

例としては、
・過ごしやすい季節になりましたが、無理をなさらぬようお気を付け下さい
・これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体にお気をつけください。
 

10月上旬は涼しくなっていく時期なので、
これからの涼しくなる時期に対して、体調を気遣うような
言葉を用いるのが良いと思います^^

sponserd link

目上の人や正式な挨拶・書き方

目上の人や正式な文章の場合には、
季語のあとに「~の候」「~のみぎり」という言葉を
付け加えると正式な文章という形になります。

 

また、 拝啓や敬具 を付けるとよりしっかりした印象に
変わります。

 

書き出しの例としては、
・秋涼の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・仲秋のみぎり、貴社におかれましては益々ご清祥の段 心よりお慶び申し上げます。
などの書き始めにし、

 

結びの例としては、
・何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。
・秋も深まり、そろそろ冷え込んで参りました。なにとぞご自愛のほどを
などで締めくくるのが良いです。

 

 

まとめ

今回は、10月上旬の季節の挨拶の文例や書き方をまとめました。

 

10月上旬というのは、少し涼しくなってくる時期ですが、
まだまだ冷え込んでおらず、季語を選ぶのが難しい時期でも
ありますよね。

 

これから涼しくなるということを念頭において、
相手を気遣える文章が書けると良いですね。

 

また、10月上旬は行楽シーズン、そしてスポーツ、収穫の
時期でもあります。

 

相手に合わせてどういった言葉がふさわしいかを考えて、
手紙に活かせると良いですね。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ