風邪に効果がある食べ物はコレ!栄養とって早めに治そう

Sponsord Link

今日は、風邪に効く食べ物をテーマにしていきたいと思います^^

 

風邪のときは喉が痛いし、体がだるくて食欲がでない…
という人も多いのではないかと思います。

 

でも風邪のときは抵抗力が弱っているから、
むしろ栄養をとって、体を休養させてあげた方が
早く治るんですよね。

 

今日は、そんな風邪のときに摂取した方が良いと
される食べ物についてまとめてみました。

kaze_woman

 

風邪に必要な栄養素は?

 

風邪のときは、免疫機能をUPさせるために
摂取した方が良い栄養素があります。

 

摂取した方が良いとされている栄養素は、
体のエネルギーとなる炭水化物や糖分、
新陳代謝を高めるタンパク質が必要になってきます。

 

他に風邪をひくとビタミン類を多く摂取する必要
があります。

 

ビタミン類は、鼻の粘膜を細菌やウイルスから
守る働きもあるのです。

 

普段、外食しがちで、ビタミン類があまり摂取できていない
という人も、風邪をひいてしまった時には
積極的に摂取する必要があります。

 

 

風邪に効く食べ物

それでは、風邪に効果があるとされている
食べ物を紹介していきます^^

 

まずは、風邪に効く食べ物を紹介します。

 

1・かんきつ類
みかんやグレープフルーツやキンカン、
オレンジなどを代表とするかんきつ類は
風邪に効果があるとされています。

 

かんきつ類には、ビタミンCやビタミンAがたっぷり
入っています。

 

ビタミンCは、せきや痰を鎮めてくれる効果があり、
ビタミンAには、粘膜を強化してくれる
効果もあります。

 

かんきつ類は、漢方薬にも普段から
使われているほど★

 

普段から、かんきつ類を摂取して
予防もしましょう。

 

 

2・緑黄色野菜

かぼちゃやピーマン、ブロッコリー、人参などを
代表とする緑黄色野菜ですが、
多くの栄養素が含まれています。

健康食品8S

緑黄色野菜には、ビタミンCやβカロテン、ビタミンAなどの
栄養素を多く含んでいます。

 

これらの栄養素が不足すると風邪をひきやすい体に
なってしまいます。

 

風邪のときは、お粥に刻んでいれて摂取するのも良いですが、
普段から、緑黄色野菜は摂取したいものです。

 

 

3・レバー

レバーには、ビタミンB1、ビタミンB2、タンパク質
などの多くの栄養素が入っています。

 

鉄分を多く含み、貧血にも効果があるとされている
食材のひとつです。

sponserd link


これらの栄養素は、
風邪でウイルスが体に侵入してきたときに
消費されてしまいがちな栄養素です。

 

しっかり補給して、
ウイルスに戦える体にしましょう。

 

また、ビタミンB1は、豚肉に多く含まれて
いて、豚のひれ肉は、
食品の中でも多くのビタミンB1を含む食材と
されています。

 

 

4・じゃがいも

じゃがいもはでんぷんを多く含む食材
ですが、実は多くのビタミンCを含んでいます。

 

じゃがいもは加熱してもあまり栄養素が
減りません。

 

ビタミンCには、ウイルスの働きを
抑えてくれる効果があります。

 

 

5・ネギやショウガ

風邪のとき、といえばネギやショウガが
活躍してくれます。

negi

ネギやショウガは体を暖めてくれる効果が
あるので、寒気のある風邪のときでも
血行を良くして、体を温め、発汗を促してくれます。

 

風邪のときは、内臓の機能が弱っていて、
消化しにくいですが、
ショウガには消化吸収を助けてくれる効果も
あります。

 

風邪のときは、生姜湯を飲むのも良いですね。

 

そのほかに、疲労回復の面で、
ニンニクやニラもおススメです。

 

匂いが…というイメージもありますが、
内臓の調子を整えてくれる
すごい食材です。

 

 

まとめ

風邪に効く食べ物について
説明しました^^

 

普段野菜や果物をあまり食べない…
という人も風邪のときは、
積極的に摂取したいですね。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ