顔汗をピタッと抑える方法!止めて化粧崩れなしの顔に

Sponsord Link

今日は顔汗をテーマにしていきたいと思います^^

 

これから暑くなってくると汗の量が増えますよね。
汗をかくのはしょうがないし、
ある意味、汗をかくとデトックス効果があるのですが、
日常生活で汗をかくと厄介なことも…

 

特に、女性にとって顔汗は大敵ですよね。
化粧が崩れて気が付いたら、毛穴が目立つ肌に…
ということも。

 

今日はそんな女性にも、男性にも大敵である顔汗の
対策についてまとめてみました★

e53a601223ef5c510f24f26be74ca3e4

 

顔の汗の原因

他の部分は汗をかかないのに、
顔の汗だけ尋常じゃない…

 

という方もいるのではないでしょうか。

 

では原因についてみていきましょう。

 

1・運動不足
運動不足などで日常から汗をかく機会が少ないと、
全身の汗腺が衰え、汗腺が活動していないことも。

 

そうすると、一部の汗腺で汗をだそうとするので、
顔の汗腺の負担が高まり、
顔汗がすごくなります。

 

また、手汗の原因にもあげられます。

 

どろ

2・多汗症

顔汗がひどいのは、多汗症が原因とも考えられます。

 

普通の汗は、ほとんど水に近い状態なので、
通常メイクが崩れることなく、流れ落ちる感じです。

 

多汗症の場合、大量の汗がでて、
汗の成分として流れた塩分などの
影響により、ドロドロの汗が流れ、
化粧崩れしやすくなってしまうことも。

 

 

3・肥満

やはり肥満レベルの体重と体脂肪だと、体から
放出したい熱が発散できずに、
全身だけではなく顔からも大量に汗がでてしますことも…

 

 

顔汗を抑える方法

では、顔汗を抑える方法についてみていきましょう^^

 

1・首回りを冷やす
首の後ろには、太い血管が通っているため、
首の後ろを冷やすと汗を抑えることができます。

sponserd link


保冷剤をタオルで包んで、首の後ろにのせるだけでも
冷やす効果があります。

 

女性は化粧をする前に、保冷剤で首の後ろを冷やしておくだけでも、
あまり汗をかかなくなります。

 

 

2・栄養を摂取する

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た
働きをするといわれています。

 

女性ホルモンは、発汗を抑えてくれる働きもあるので、
大豆を摂取することで、
多汗症に効果的と言われています★

yjimage

3・胸を圧迫する

舞子さんもやっていることなのですが、
胸を圧迫すると、顔汗をかかないといわれています。

 

舞子さんの場合は、浴衣の紐で胸のあたりをぎゅーっと
抑えています。

 

普通の方は浴衣は着ないので、
ブラジャーのホックを一つきつくするなどして
対策をとると良いでしょう。

 

また、指で胸の上部を強く押すことでも顔汗を抑えられる
と言われています。

 

また胸の上部だけではなく、脇を手で押さえるだけでも
顔汗に効果があるとされています★

 

脇の下には、大包(だいほう)と呼ばれる、脇の下の第6肋骨にある
ツボが、顔汗に効果があるといわれています。

 

汗を感じたら、脇を押してみましょう。

 

 

4・軽い運動をする

顔汗には、軽い運動も効果的です。

 

原因の方で説明しましたが、顔汗をかくのは、
長期的に汗腺が鈍り、汗を排出しなくなったことで
顔などの活動的な汗腺に、汗が集中してしまうのも原因です。

 

日頃から軽いジョギングや水泳などをして、
汗腺が衰えるのを防ぐ、汗腺を復活させることも
効果があります。

 

 

まとめ

今回は、顔汗をテーマにしました。

 

夏場は汗をかきやすいですが、
やはり化粧崩れしていない、綺麗な肌の女性の方が
魅力的ですよね!

 

また、顔の汗で化粧が崩れると、せっかく塗った日焼け止めも
意味がなくなってしまうので、
顔汗を抑えて、夏を感じさせない女性になりましょう★

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ