静電気除去ブレスレットの仕組みや効果は?簡単おすすめな作り方も紹介!

Sponsord Link

static-electricity

これから寒い冬がやってきます。
寒さだけでなく、もうひとつ悩まされることがありますね。
それは「 バチバチっ! 」という嫌な音と、
ピキっというちょっとした痛み ・・・。
そう 静電気 です。
髪をとかしたり服を脱いだり、
ドアを開けたり車に乗ろうとしたり・・・、
静電気のあの「 バチバチ感 」は、
いつ襲ってくるかわかりません。

images (1)

最近は 静電気対策 として、
お洒落な 静電気除去ブレスレット などが流行っていますね。
どんな仕組みが静電気を抑えてくれるのでしょう?

今日はそんな静電気について、
その 仕組みや対策法 など、
ちょっと調べてみることにしました。

<静電気はどうして起こるの?>

もともと 人間のカラダ は、
体内に溜まった静電気を自然に空気中へ放電することができる のですが、
いろいろな条件が重なると、それが容易にできなくなってしまいます。
その悪条件となる 大きな原因のひとつが「 乾燥 です。
冬の乾燥が、皮膚の通電を鈍くしてしまい、帯電量が増えてしまうのです。
湿気が高く汗をかきやすい夏は、
静電気が起きても自然に放電されているため、
あのバチバチ感を感じないのです

また冬は何枚も重ね着をするため、
衣類と衣類が擦れ合って静電気が発生しやすい環境にある のです。
こういった条件が重なる冬季は、
どうしても静電気が起きやすくなるのですね。

download

<静電気除去ブレスレットの効果は?>

最近は、不快な静電気を除去するのに、
お洒落なブレスレット 」が流行っていますね。
前項を読んで静電気が起きる仕組みを理解できれば、
このブレスレットの構造も想像できると思います。
乾燥が原因で通電しづらくなっているということは、
溜まった電気が放電できる出口がない という状況です。
ならば、水分で出口を作れない分、
通電しやすい「何か」を与えてあげればいい ということですよね。

ここで使われている原理が「コロナ放電 」と言われるもので、
空気中のマイナスイオンで静電気を中和 させて、
溜まった電気を空気中に放電してくれる というもの。
静電気除去ブレスレットは、
コロナ放電ができる繊維や素材などを使って作られている ので、
放電しやすい状況を作ってくれる というものです。
ただし、効果が高いものでも、
静電気を100%除去してくれるものではなく、
静電気が起きた時のあの「バチバチ感」を、
できるだけ和らげてくれるもの
、と考えてください。

rankingshare-d187f3a0fd0111e4bbb306cfc7d1632b21102f1e254c5fc14c

ネットで購入も♪

sponserd link


<ブレスレットの種類や効果的な付け方は?>

どれを選べばいいの?

可愛いものからカッコいいもの、
見た目よりも効果を優先しているものなど、
今やいろいろな種類 があります。
が、 あまり安いものはおススメしません
特に 100均 などで売っているものは、
ほとんど効果はない と思っていいでしょう。
1000円~3000円くらいのものなら、
それ相応の効果があると思われます。

効果的につけるには?

直接肌に触れるよう につけます。
体内に溜まっている電気を放電するのですから、
服の上から付けたのではあまり意味がありません

また、ブレスレットが触れる皮膚のところに、
乾燥対策として保湿クリームなどを塗っておく と、
その分通電しやすくなるので、
ブレスレットの効果も少し上がるようです。

ひとつよりもふたつが効果があるよう です。
あるいは、 二重になっているもの
つまり、肌に触れている 面積が広ければ広いほど
放電の出口が広くなるので効果的 というわけです。

images (3)

<自分で作ってみよう!>

みんなとちょっと違うものがいいな
という方は、ご自分で作ってみませんか?
静電気除去できる繊維や素材 を使えば、
案外手軽に作れちゃいます♪

おススメの材料 は、
ハマナカのサンダーロン
この糸は 導電性繊維 で作られているので、
静電気除去ブレスレットには 最適の素材 です。

EPSON MFP image

お好きな色やラメなどを使って、
編んでいきます

三つ編みでもいいし、
ネットなどで 少し凝った編み方 を探してみるのも楽しいと思います♪
可愛いチャームを付けたり、
途中ビーズや天然石をつけてみたり、
自分だけのオリジナル を作ってみてはいかがですか?

08be0a4567f357716b3ba19d5042143f

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ