赤ちゃんの化膿した深爪の治し方は?深爪矯正は自分でできる?

Sponsord Link

download

指先を清潔に保ちたいという思いで、
ついつい爪を短く切りすぎて 深爪 をしてしまった・・・
なんていう経験は、
きっと多くの方がしていると思います。

赤ちゃんの爪 を切っていて、
つい深爪してしまった!
なんていうお母さんも少なくないと思います。

自分ならまだしも、
赤ちゃんの爪先が化膿 してきたら、
それはそれは心配で仕方ありませんよね。
そんなときは焦らず慌てず・・・。
落ち着いて処置 をしましょう。



<深爪とは?>

深爪とは、
爪を短く切りすぎて、
指先の皮膚や爪床(爪の下の皮膚)が露出してしまうこと
普段は気にならないのに、
爪がなくなると急に何かにぶつかって痛い思いをしますよね。
爪床は毛細血管がたくさん集まっていて、
ちょっとした 衝撃にもすぐに反応 します。
同時に 傷や感染にもとても敏感 です。

<深爪は他の疾患の原因にも!>

前述のように、
外傷や感染に敏感なので、
深爪が原因で他の疾患を引き起こす ことがあります。
巻き爪 ひょう疽 はよくある疾患です。

自分なら痛みを感じるので、
それらの症状も早期で自覚することも可能ですが、
赤ちゃん は、
その状況をお母さんやお父さんに伝えられないので、
痛みで泣くことくらい しかできません。

もし赤ちゃんの爪を切っていて、
「ちょっと切りすぎて深爪したかな?」
と思ったら、
注意深く経過観察 してあげましょう。

<深爪の対処の仕方>


#1 まずは止血する

普段は爪で覆われている爪床は、
他の皮膚にくらべてとても薄く、
特に赤ちゃんの場合 は、
ちょっとしたことでも 出血しやすい と思います。
出血したら 焦らず慌てず止血 しましょう。
細菌など感染しやすいので、
血が止まったら しっかりと消毒 してください。
この時、細菌が入ったままにしておくと、
その後新しい爪が伸びてきたときに、
変な形で生えてくることがあるので、
ここで しっかりと止血・消毒 をしておきます。

sponserd link


#2 清潔に保つ

爪床が露出した状態では、
ちょっとした傷でも細菌が入りやすく、
簡単に化膿しやすい環境 です。
消毒はできるだけマメに してください。
歩行前の赤ちゃんで、
足の爪を深爪したときには、
靴を履くわけでもないので、
むしろ絆創膏などはしない方がよい でしょう。
敏感な赤ちゃんの肌は、
絆創膏でかぶれてしまう ことがあります。
手の指の場合には、
自分で 舐めて十分に治ってしまう ケースも少なくありませんが、
傷が深いようなら、
しっかりと 消毒をして軽くガーゼを巻いておく といいでしょう。

KC3A0179

#3 化膿がひどいときには皮膚科に

何度も消毒してケアをしていても、
一向に良くならず化膿が悪化してしまうようなら、
皮膚科に連れて行って ください。
そのまま放っておくと、
巻き爪やひょう疽の原因になる可能性 があり、
あまりひどくなると、
残った爪や指が壊死してしまうケース もあります。

<赤ちゃんの爪の切り方>

何よりも深爪しないことが前提なので、
赤ちゃんの 爪の切り方には十分に気を付けたい ものです。

上手な切り方
ママやパパの指で、
赤ちゃんの指の肉を少し押し下げる ようにします。
爪をちょっと先に出るように固定し、
赤ちゃん用の小さな爪用ハサミ で切ります。
↓↓↓

赤ちゃんがぐずったり動いたりして、
上手に一気に切れないときには、
少しずつヤスリで滑らかに整えてあげる といいでしょう。
赤ちゃんの爪は本当にやわらかく小さいので、
ほんのちょっとのヤスリで十分です。
この時にも深爪にをしないように注意 してください。

500x0_5494fa9f-8504-483c-aa3d-7e050a0100b9.jpg

お風呂上りは避けましょう
赤ちゃんの爪はとてもやわらかく、
それがお風呂あがりともなると、
ふにゃふにゃに感じるほどやわらかくなって しまいます。
爪切りにはもっとも不向きな状況 です。
赤ちゃんが熟睡しているときに切りましょう。
爪を切っているときに動くと、
ママもパパも緊張してしまいます。
熟睡しているとき なら、
動く心配もないので安心して切ることができます。

images

少々の深爪なら、成長の早い赤ちゃんの爪はすぐに伸びてくるので心配いりません。でも足の爪は、手の爪にくらべると伸びが遅く、深爪から巻き爪になる場合も多いので、十分に気を付けて切ってあげましょう。


baby top

<深爪矯正は自分でもできる?>

大人の場合 なら、
最近は ネイルサロン で、
矯正術 を施してくれるところが増えています。
爪を噛んで深爪 のような状態になってしまう人は、
専門医に相談 されることをおススメします。
それでも「 その前に何とか自分で! 」と考えている方は、
爪の切り方を気を付ける
伸びてきたら、爪先がまっすぐになるよう、
丸く切らずに四角く 切りましょう。
とにかく「切りすぎない」ことが重要。
ベースマニキュアやトップコートを塗って補強する
爪先の保湿を心がけ爪を強くする
バランスのよい食事
特に タンパク質 ビタミン ミネラル などを摂って、
爪の健康 を保ちましょう。

赤ちゃんや子供さんの深爪の矯正はなかなか難しい ですが、
とにかく「 切りすぎないこと 」を心がけるしかないようです。
赤ちゃんの爪はすぐに伸びてきます。
なので、一回一回短く切らずに、
回数を増やして、いつも「適度な長さを保つ」 ようにしましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ