血豆の対処法3選!口内血豆の原因や治し方は?

Sponsord Link

今日は、血豆をテーマにしていきたいと思います^^

 

机やたんすにぶつけてしまったり、スポーツをやりすぎたり
してしまったときに発生する血豆、
簡単にできてしまうのに、意外に治りにくいんですよね…

 

そんな早く治したい血豆の対処法についてまとめてみました。

sick_furue

 

血豆ができる原因

 

そもそも血豆がなぜできてしまうのかというと、
【内出血】が原因です。
強い衝撃をうけて、血管にダメージが起き、
内部で出血してしまい、皮膚はダメージが少なかったために、
体の中で血が留まってしまう状態を指します。

 

 

血豆の治し方

では、具体的に血豆の治し方についてみていきましょう

 

1・自然治癒

やはり王道は体の自然治癒力に任せることです。
放置しておくと勝手に治っていることが多いです。

 

対処は行わず完全に放置でも良いのですが、
血豆がつぶれないように、
絆創膏を貼って、保護しておくのも良いでしょう。

 

 

2・血豆をつぶす

hari2

自然治癒にならんで、やはり血豆の場合は、
つぶす処置を行う方も多いですね。

 

管理人も幼少期は同じようにつぶしておりましたw

 

気をつけなければいけないことは、
しっかり針を消毒することです。

 

針の消毒方法としては、
沸騰した熱湯につける、消毒液に漬けるなどです。
滅菌してあるガーゼで拭き取ってから
針をさしましょう。

 

血が一瞬で抜けるので、
皮膚に穴は開きますが、
早めに治すことができます。

 

ただ、針の消毒を怠ると、逆に細菌が侵入し、
化膿したりするので注意が必要です。

 

潰したあとは、消毒薬をしみこませ、
絆創膏などを貼っておきましょう。

sponserd link


3・アイシング

潰したくないけど、早めに治したい…という方に
おススメなのがアイシングです。

 

患部に冷たいタオルや、保冷剤をタオルで包んだものをかぶせ、
症状が悪化するのを防ぎます。

 

2~3日後には患部を温めることで、
血流がよくなり、早めに治療することができます。

 

潰す方法と違って、化膿などが起る危険性が少ないです。

 

 

口内血豆

口の中に血豆ができてしまったことはありませんか?
実は体の皮膚と同様、
口内にも血豆ができてしまうんですよね。。

b01e5937

口内血豆の原因として考えられるのは
・口の中を噛んだ
・外部からの打撲
・噛み合わせが悪い
・歯周病


が主な原因とされています。

 

口内血豆の治し方としては、放っておくのが
一番です。

 

 

皮膚の血豆とは違い、口内は常に唾液で
消毒されているので、皮膚よりも回復しやすいです。

 

しかし、口内血豆ができていて、
原因がわからない、いつまでも治らない…
というものがある場合は、注意が必要です。

 

治らない口内血豆は、
悪性の血豆=癌の原因
となる可能性もあります。

 

・常に血豆がある
・治ったのにまた同じ場所にできた
・ぶつけた覚えがない


以上の場合は、歯科、口腔外科を訪ねることを
おススメします。

 

早期発見の方が治る確率が格段に高いそうです!

 

悪性腫瘍は痛みがないともいわれているので、
押しても痛みがまったくない場合、
一度病院に足を運んでみましょう。

 

 

まとめ

血豆の対処法についてのまとめでした。

 

様々な対処法があるので、自分に合った対処法を
みつけてみましょう。

 

血豆は見た目に影響するので早めに治したいものですよね。

気になる血豆があったら、病院へ行って相談してみましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ