自閉症の幼児や乳児のテスト方法や特徴は?赤ちゃんのここをチェックして判断

Sponsord Link

今日は、自閉症の乳児や幼児をテーマにしていきたいと思います^^

 

自閉症を知るきっかけとなる、特徴はどこなのでしょうか。
赤ちゃんの場合は、チェックして診断することで、
早期に発見し、改善することができるかもしれません。

 

赤ちゃんの発達が遅くて自閉症かも…と悩んでいる方は
チェックしてみることをおススメします。

 

そんな自閉症のチェック方法についてまとめていきます。

block_asobi_boy

 

自閉症の幼児や乳児の特徴とは?

自閉症という言葉は認知されるようになってきましたが、
症状は様々であり、人によって様々な症状がでます。

 

軽度の子もいれば、重度の子もいますし、
軽度の子であれば、健常児とそこまで変わりがありません。

 

基本的に、自閉症の診断ができるのは3歳からと
いわれています。

 

・対人関係の質的な障害
・コミュニケーションの質的な障害
・行動・興味の限定、反復的な行動


 

これらのうち1つでも3歳までに現れ、そして、診断されるときに、
3つすべての症状がでていると、自閉症と診断されます。

 

 

対人関係の質的な障害

自分と相手との関係がわからず、適切な行動をとることができません。
周囲への関心が全くなかったり、母親を特別な存在と思わなかったり、
他人に対して恐怖という感情を全く抱かなかったりします。

 

 

コミュニケーションの質的な障害

これは言葉の意味を理解できなかったり、
相手との視線を合わせられなかったりします。

 

 

行動・興味の限定、反復的な行動

臨機応変に対応することができない、一つのものに固執する、
動作共鳴ができないなどの行動があげられます。

慣れないことをするとパニック状態に陥りやすくなります。

 

sponserd link


自閉症の幼児や乳児のチェック方法

大きくみると、3つのパターンがありますが、
幼児や乳児の自閉症の子供にはある行動があります。

 

自閉症の幼児や赤ちゃんは、以下のような行動を
とっている可能性があるので、
チェックしてみてください。

baby_haihai
・じっとしていられず、落ち着きがなく、走り回ったりする。
 

・あるひとつのことに強く固執する。
同じことを何度も繰り返したり、行動や習慣に強いこだわりがある。
 

・意思の疎通ができない。
 

・五感が極度に敏感、または鈍感
聴覚や視覚などの感覚が正常に脳で処理できないために、
敏感になりすぎてしまうことがあります。
 

・睡眠不足
なかなか一定の睡眠リズムがとれず、寝不足になったりします。
他には、ママと目を合わせようとしない、呼びかけに反応しない、
相手の手をつかんで引っ張って要求するなどの
行動がみられます。

 

 

自閉症の幼児や乳児のテスト方法

最初にお話しましたが、自閉症の診断ができるのは
3歳からです。

 

それまでは、成長に差があるので、
診断ができないのです。

 

しかしテスト方法は存在するので参考にしてみてください。

 

 

1歳半~できるテスト方法

1歳半の段階で、すべてにあてはまる場合、 80%以上 の確率で
自閉症と診断される可能性が高いとされています。

 

1・ごっこ遊びができない
2・対象を人に見せることを目的とする指さしの動作ができない
3・人の目線をおいかけ、同じ対象物を見れない


 

セルフ診断テスト(M-CHAT)

M-CHATというアメリカの自閉症の診断テストです。
95%以上の確率で、自閉症と診断される可能性が高いとされています。

 

以下のテストを実施して、
いいえの項目が3つ以上
問2,7,9,13,14,15の項目で、いいえの項目が2つ以上あると
陽性となります。

自閉症チェックテスト

あくまで予測なので、
もし陽性となった場合でも、お子さんの様子を観察し、
経過を観察しましょう。

 

 

まとめ

今回は、自閉症の幼児や乳児のチェック方法をテーマに
してみました。

 

以前より、自閉症やアスペルガーという言葉をきくようになり、
病気も一般的になってきています。

 

もしチェックしてみて自閉症の可能性が高かったとしても
それも個性の一つです。

 

また、早期治療により、改善していくこともあるので、
あまり深刻にうけとめないでください。

こちらもどうぞ↓↓↓

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ