胃下垂の症状の原因と治し方は?カンタンなチェック方法も

Sponsord Link

今日は、胃下垂をテーマにしていきたいと思います^^

 

胃下垂というと、やせの大食いというイメージがありますね。
実際に、何でこんなに細いんだろうと思っていると、
胃下垂!という返答をもらうことも…。

 

というわけで、なんだかうらやましいような胃下垂ですが、
食べても太らなかったり、胃もたれを感じたり、食べてもすぐにお腹がでる…
など、結構大変な思いをしているんですよね。

 

今日は、そんな胃下垂の改善方法について書いていきます^^

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

胃下垂のチェック方法

 

自分は胃下垂?と思ったら試してみてください★

 

まず胃下垂というのは、正常な胃の位置から、胃が下がってしまっている
状態を指します。
人によっては、へその辺りまで下がってしまったり、
へたをすると、骨盤の辺りまで胃が下がってしまいます。。

 

 

チェック方法は、
まず、みぞおち(肋骨とへその間)を押したときに、
痛みや何かがある感じがする場合、そこに胃があります。
それが正常な位置で、
反対に、押しても何も感じない場合、胃が下に下がっている可能性があります。

 

へその下を押してみて、痛みや何かがある感じがする場合は、
胃下垂です。

 

他のチェック方法としては、
食べた後に下腹がでる、胃もたれや胃痛がする、
食欲不振や吐き気を伴い、
便秘になるという症状があります。

imotare01

 

胃下垂の治し方

 

では具体的に胃下垂の治し方について
みていきましょう^^

fukking_woman

1・体のゆがみを治す

胃下垂を改善するには、骨の歪みを治すことも重要です。

 

胃下垂の人は、猫背の人が多いともいわれています。

 

背中が丸くなっていると、胃が下がりやすくなるので、
できるだけ、背筋をのばした姿勢を保ちましょう。

 

姿勢が悪いと気になっている方は、整骨院等で、
みてもらうことも重要です。

 

 

2・食生活の改善

 

やはり食生活が関係しているともいわれています。

 

胃下垂を治すためには、1回の食事量を減らすことも重要です。
胃下垂の場合は、一気に多くの量を食べるのではなく、
1回の食事量は減らし、回数を増やした方が、胃への負担が
少ないとされています。

sponserd link


うまく消化吸収ができないので、
消化のよいものをとりましょう。

 

余計に胃もたれや胃痛の原因になるので、
暴飲暴食は避けたいですね。

 

 

3・ツボを押す

胃下垂を治すには、ツボ押しも効果的だといわれています。
効果的といわれているツボは以下の通りです!

 

・百会(ひゃくえ)という頭のてっぺんにあるツボ
・中脘(ちゅうかん)というみぞおちとへその真ん中にあるツボ
・足裏の土踏まずのあたりにあるツボ
・膝の下にある足三里というツボ

 

強い痛みを感じない程度の強さで押してください

 

 

4・ストレスの解消

胃下垂の原因はおもにストレスとされています。

 

ストレスから過食に走り、胃下垂となることも…

 

それを改善するためには、まずストレスを解消することが
重要です。

 

気分転換に軽い運動をしてみたり、
ストレッチをする、好きな音楽を聴くなどして、
ストレスを解消しましょう。

 

また、ストレッチとして腹筋や腹式呼吸をするのも
改善するのに効果があるといわれています。

 

 

まとめ

胃下垂を放置すると、胃アトニーという消化吸収がうまくいかず、
胃の働きが鈍感になる状態になることがあります。

 

この状態が続くと、最悪の場合、胃炎や胃潰瘍にも
つながる可能性があります。

 

胃の調子が最近悪い…と感じている人は、
胃下垂になっている可能性もあるので、
改善策を実践してみてください。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ