肋骨矯正や腰椎圧迫骨折にコルセットは効果ある?寝るときはどうする?

Sponsord Link

今日は、肋骨矯正や腰椎圧迫骨折をテーマにしていきたいと思います^^

 

コルセットは必要あるのでしょうか?
また寝る時の態勢など…

肋骨矯正や腰椎圧迫骨折についてまとめていきます。

youtsu_woman

 

肋骨矯正とは?歪んでいることも?

肋骨とは、内臓を守ってくれている骨のことですが、
最近肋骨が歪んでいるという方が増えています。

 

肋骨が歪んでいると、怖いことに、内臓が押されて、
骨盤のゆがみにつながり、 O脚 になったりしてしまうのです。

 

つまり、肋骨の歪みが体の歪みにつながってしまうのです。

 

そしてこの肋骨の歪み、
なにが原因かというと、1番は、
【姿勢の悪さ】 です。

 

長時間同じ姿勢でいる、猫背などの姿勢の悪さが、
肋骨の歪みにつながります。

 

放っておくと、体の歪みにつながるだけでなく、
背骨に負担が生じて、首や腰の痛みにつながり、
最悪の場合、ヘルニアなどの病気にもつながります。

 

なので、肋骨の歪みって結構怖いんです。

 

 

肋骨矯正のためには、コルセット?

そんな肋骨の歪みを解消するには、ストレッチがおススメです。

pose_nobi_woman

肋骨の歪みをとるストレッチは、
座ったままできるので、
オフィスでも休憩時間などにもご活用ください^^



また、ストレッチは、毎日行うことで効果が発揮されてくるので
面倒と思わずに、続けましょう!

 

続けることで、歪みの解消へとつながります。

 

また、歪みの解消を行うには、
日頃から、姿勢に気を付けることが大切です。

 

姿勢を普段から気を付けるためには、
意識的に行うことが大切ですが、
それが難しいという方は、矯正下着・コルセットもおススメです^^

 
着ているだけで、骨盤や肋骨を引き締めて、
シェイプアップ&矯正をしてくれます。

 

姿勢が崩れてしまう…という方は、
こういったコルセットタイプのものに頼ってみるのも良いかとおもいます。

 

ただし、こういったコルセットは、寝るときは外すことを
おススメします。

sponserd link

腰椎圧迫骨折にコルセットは効果がある?

腰椎圧迫骨折というのは、外部から加えられた圧力によって、
脊椎の椎体という部分がつぶれてしまうことによって
起こります。

 

症状としては主に腰痛で、治療が終わるまで歩いたり、寝返りを
打つだけで激しい痛みに襲われます。

youtsu_woman

この腰椎圧迫骨折は、骨がもろくなっている高齢者の女性に多いとされています。
閉経をむかえた女性は、女性ホルモンのバランスが崩れることにより、
骨粗鬆症 になりやすいですが、骨粗鬆症が原因で、
腰椎圧迫骨折になってしまう方もいます。

 

しかし、スポーツや事故などで、
若い男性でもなることのある病気です。

 

治療するには、
コルセットを必要とします。

 

硬めのコルセットを着用し、骨が形成されるまで安静にしています。

 

寝返りをうつときでさえ、
激痛が走るので、
寝るときも、コルセットを着用します。

 

そして体を動かさないように、ベッドで安静にしています。

 

なので、治療の際は、ずっとコルセットを巻きつけておくことになるので、
拘束された気分になると思います…

 

しかし、コルセットを巻いて、安静にしておけば、
腰椎圧迫骨折は1か月程度でも治るとされていますので、
その間だけの辛抱です。

 

骨が形成されたあとでも、
腰の筋力が衰えているために、
腰が疲れやすい状態なので、
急にはげしい運動はしないように注意が必要になります。

 

 

まとめ

今回は、肋骨矯正や腰椎圧迫骨折をテーマにまとめました。

 

肋骨の歪みは日頃の姿勢の悪さから起こるので、
体の歪みが気になっている方は、
ストレッチを行ったり、矯正下着をつけるなどしてみましょう。

 

腰椎圧迫骨折もコルセットをつけて
安静が大切です。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ