耳鳴りの治し方!自力で治そう!飛行機やパチンコでの耳鳴りも

Sponsord Link

今日は、耳鳴りの治し方をテーマにしていきたいと思います^^

 

耳鳴りが急に起こると辛いですよねー。

 

耳鳴りは急に起こって、症状がなくなっていくので、
霊が近くにいると耳鳴りがなる…
とも言われていますww

 

ちなみに科学的根拠は全くないようですがw

 

今日はそんな耳鳴りの治し方についてまとめてみました。

sick_memai

 

耳鳴りの主な原因は?

 

普段何気ないところで発生する耳鳴りですが、
原因としては、ほとんどがストレスとされています。

 

ストレス が原因で引き起こされる睡眠不足や疲労…といった症状
により、自律神経のバランスが崩れて、
耳鳴りが聞こえてしまうと考えられます。

 

ストレスの他には、
肩こりや体の歪みが原因で
耳鳴りが発生するとされています。

 

肩こりや体が歪んでいる人は、
血流が悪くなり、
その影響をうけて、
耳鳴りが起ります。

 

他には、加齢によって、耳の感覚神経が鈍り、
そのせいで、難聴や耳鳴りの症状が
現れるといわれています。

 

しかし、これらは、一時的なものが多いですが、
慢性的に耳鳴りが続く場合は、
耳が何らかの疾患を抱えている可能性もあります。

 

放置しておくと、難聴などの症状も引き起こすことがあるので、
頻繁に耳鳴りが起る、痛みを伴う、くらくらするようなめまいがする…
といった場合は、医師に相談してみることをおススメします。

 

 

耳鳴りの治し方

では、自分で実践できる耳鳴りの治し方について説明していきます。

 

パチンコの騒音や、飛行機が離陸する際に起こる耳鳴りが起ったときも
試してみてください★

 

 

1・ツボを押す

 

ツボ押しは、いつでもどこでもできるので、おススメです。

 

耳門(じもん)

耳の穴のすぐ手前のくぼんだところにあるツボです。
このツボを押すことで、血行を促進する効果があると
されています。

 

この部分は、強めに指圧しましょう。

 

DSC02573

聴宮(ちょうきゅう)

耳の穴の手前にある、口を開けると、
くぼむところを指します。

 

ここは、耳鳴りの特効薬といわれるほど
効果のあるツボです。

 

この部分は、円を描くようにマッサージしましょう。

 

 

聴会(ちょうえ)
この部分も、口を開けたときにできるくぼみです。
聴宮の下にあります。

 

この部分は、耳門と違って、強く押しすぎないように
しましょう。

 

 

翳風(えいふう)

耳たぶの後ろにあり、聴宮のほぼ対角線上に
あるツボです。

 

続いては、耳ではない場所にあるツボです。

sponserd link


中渚(ちゅうしょ)

手の甲にあって、薬指と小指の付け根から下にあるくぼみに
あるツボです。

 

めまいや立ちくらみにも効果があるとされています。

 

 

太谿(たいけい)

くるぶしとアキレス腱の間にあるくぼみにある
ツボです。

taikei

 

2・漢方薬

ツボ押しよりも手間はかかりますが、
こちらも耳鳴りに効果があるとされています。

 

漢方薬を代表とする東洋医学は、
長い時間をかけて、体質改善を行い、
体全体のバランスを治そうとする働きがあります。

 

というわけで、漢方薬の治療の場合、
効果がすぐにでる…というわけではなく、
ゆっくりでることが多いですが、
副作用がでにくいという利点があります。

 

耳鳴りに効果があるとされている漢方薬は以下の
通りです。

 

・八味地黄丸(はちみじおうがん)
・牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
・釣藤散(ちょうとうさん)
・五苓散(ごれいさん)

↓↓↓ネットで購入も可能
薬局で購入する際に、薬剤師に相談してみましょう。

 

 

3・ストレスを解消する

原因が、主にストレスであるということは
お話しました。

item-0046

なので根本的にストレスを解消してあげることも
耳鳴りに効果があるとされています。

 

軽い運動やストレッチ、十分な睡眠は、
ストレスを解消してくれるといわれています。

 

平日は、時間がなかなかとれないという人も、
なるべく休日は、リフレッシュする時間を
もつようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は、耳鳴りの治し方についてまとめました。

 

多少の耳鳴りはそこまで気にするほどではないですが、
酷い場合は、「メニエール病」などの治療を必要とする
病にかかっている可能性もあるので、
早めに治療をしましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ