目のクマの治し方!原因を知って老け顔を解消!

Sponsord Link

今日は、クマをテーマにしていきたいと思います^^

 

目の下にできるクマ…疲れや睡眠不足が続くと
気が付いたらできてしまうことも…

 

そんな目のクマですが、
やっぱり気になってしまいますよね。

 

老け顔の原因となってしまうことも…

 

今日はそんなクマの治し方についてみていきましょう。

目の下のくまイラスト

 

クマの原因

ではまずは、クマができる原因についてみていきましょう。

 

そもそもなぜクマができるのか…

 

多くの人の原因は、睡眠不足やストレス、体調不良が原因の
血行不良 です。

 

他には、遺伝が原因で、目の色の色素が沈着してしまうことも。

 

ではなぜ他の場所にはクマができないのに、
目のまわりだけクマができるのかというと、
目のまわりの皮膚は、他の皮膚に比べてとても薄いので、
皮膚の下の血管がみえてしまうことで起こります。

 

血行不良になると、通常血液は赤いのですが、
酸素を運搬してくれるヘモグロビンが酸化して 暗褐色 になり、
それが薄い皮膚の下で、黒ずんで見えることが
原因とされています。

business_zangyo

つまり、目の下のクマは血流を改善すればよくなるということが
わかります。

 

 

目のクマの解消法

では、解消法についてみていきましょう^^

 

1・蒸しタオル

 

朝起きたときに、クマが酷い!となった人におススメなのが、
起きたての蒸しタオルです。

 

朝の洗顔後に、目を蒸しタオルで温めます。

sponserd link


蒸しタオルは、タオルを濡らし、電子レンジで1分程度
温めれば、お湯を沸かす必要もなく、簡単に
蒸しタオルがつくれます★

 

蒸しタオルをあてた後、今度は、水で濡らしたタオルで冷やします。

 

これを数回繰り返すことで、
血流が良くなり、クマが改善されるといわれています。

 

簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください♪

 

 

2・マッサージ

血行不良が原因なので、
やはり目の周りのマッサージは効果的です。

 

特にマッサージが効果的なのは、夜お風呂に入って寝る前です。

 

マッサージとしては、
薬指をつかって、下まぶたの目じりから目頭、そして、まぶたの目じりまで
1周します。

source_q17_1

これを数回繰り返しましょう。

 

目の下は皮膚が弱いので、力をいれすぎないことが
大切です。

 

人差し指は力が入りすぎてしまうので、
中指を使いましょう♪

 

力が入りすぎると、逆にくまができてしまうことがあるので、
注意が必要です。

 

 

3・カシス

目のクマにはカシスが良いとされています。
カシスに含まれるカシスポリフェノールが眼精疲労だけではなく、
血流の改善にも効果があるとされています。

 

カシスは美肌にも良いとされていますね。

 

クマができたときは、カシスを摂取してみましょう。

 

カシスというと、カシスオレンジ…などのお酒のイメージが
強いですが、お酒の飲みすぎも、クマの原因となるので、
とりすぎは、やはり控えましょう。

 

 

4・睡眠

やはり、目の下のクマには睡眠不足が原因でおこることが
多いですね。

 

普段仕事が忙しくて眠れない…
という人も、成長ホルモンが分泌される
22時~2時の間に、なるべく睡眠をとるようにしましょう。

 

寝ることで、新陳代謝があがり、
血流が促進し、クマの解消にもつながります。

 

 

5・筋肉を鍛える

目のクマの原因の一つに、
表情筋という顔の筋肉のゆるみが原因であると
いわれています。

 

たるみの原因ともなる表情筋を鍛えましょう。

 

方法としては、
目をぎゅっと閉じて5秒間キープし、今度は目を思いっきり開けて5秒キープします。

 

これを5回程度繰り返すと、
筋肉が鍛えられ、血流がアップするといわれています。

 

これなら仕事の合間でもできますね^^

 

 

まとめ

今回は、目の下のクマについてみました。

 

疲れ顔・老け顔の原因とされるクマは
早く解消したいですよね。

 

目のクマをすっきりさせて、
若々しさを保ちましょう★

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ