療育の意味は一体何?自閉症やダウン症にも使える手帳のメリット・デメリットとは?

Sponsord Link

今日は、療育をテーマにしていきたいと思います^^
療育の意味をご存知ですか。
自閉症やダウン症の方も使える療育手帳というものもあります。

 

それだけ、自閉症という病気が注目されているということでしょうか。

 

というわけで、療育や療育手帳についてまとめていきます。

 

block_asobi_boy

療育の意味とは?

療育という言葉、あまり聞きなれない方もいると思います。

 

療育の意味は、
障害のある赤ちゃんや、お子さんに対して、
医学的に診断し、指導を行うことを指します。

 

発達障害のあるお子さんでも、
社会的に自立した生活ができるような
支援・援助をすることです。

 

療育センターというところもあり、
そこでは言葉の訓練や、集団生活を送るための訓練などが
行われます。

 

発達障害や自閉症などの症状をもつ子供でも、
個性を尊重し、教育をする、
いわば 医療+教育 を併せた言葉です。

 

最近では、自閉症と診断されるお子さんも増えてきています。
それに伴って、自閉症の方でも良い教育を受けれるような
仕組みができてきています。

sponserd link

自閉症やダウン症にも使える療育手帳とは?

療育手帳というのは、
自閉症やダウン症 などの、知的障害をもったお子さんが、
援護措置を受けやすくすることを目的としたサービスです。

ryouiku_techou

障害の程度によって、受けられるサービスは変わってきます。

 

地域ごとに呼び名は異なることがあり、
東京都では、愛の手帳
埼玉県では、緑の手帳と呼ばれています。

 

療育手帳以外にも、身体障害者手帳と精神障害者保健福祉手帳
というものがありますが、
療育手帳を持つことにより、
身体障害者手帳と同じような福祉サービスや手当を受けることができ、
そして、税金の免除などもあります。

 

お子さんに、自閉症やダウン症などの診断がある場合は、
療育手帳をもつことでたくさんのメリットがあります。

 

ただ、症状は、年々変わっていくので、
2年ごとに診断がありますし。

 

認定の際には、簡単な面接などもありますが、
与えらえるメリットがたくさんあるので、
障害を抱えている方は持つことをおススメします。

 

 

療育手帳のメリット・デメリット

では、メリットとデメリットについて説明します。

yomikikase

メリット

療育手帳をもつことで数々のメリットが存在します。

 

各種割引があり、
携帯電話、税金、自動車の維持費、交通費(地下鉄や高速代、タクシー代など)
が割引となります。

 

また、様々なレジャー施設の入場料が 半額 もしくは 無料 になったりします。
スカイツリーやあのユニバーサルスタジオジャパンに
半額でいけます。

 

そしてディズニーランドではアトラクションに長時間並ばなくても
乗れてしまいます。

 

かなりお得ですね。
そして、療育手帳をもっていると、
手当をもらうことができます。

 

金額は、年齢や地域、程度によって異なりますが、
数万円~受給できるので、
これはもらっておいた方がよさそうです。

 

 

デメリット

手帳をもつことのデメリットは特にありません。
むしろかなりたくさんのサービスを受けられます。

 

あえてあるとすれば、知的障害があるということの証明です。
障害があるということを認められているので、
それに対して辛い、恥ずかしいなどの気持ちが生まれるかもしれません。

 

気にしない方にとっては、特にデメリットがないです。

 

 

まとめ

今回は、療育や療育手帳をテーマにまとめました。

 

最近では自閉症やダウン症も身近な病気になっています。

 

子供に障害がある場合、療育という観点から、
療育センターに通わせて訓練をうけるというのも
考慮してみると良いかもしれません。

Sponsord Link

One Response to “療育の意味は一体何?自閉症やダウン症にも使える手帳のメリット・デメリットとは?”

  1. 睦月七草 より:

    私も、療育手帳をいただいていて、今までに、バス・タクシー・新幹線・映画・動物園・植物園・恐竜展・ユニバーサルスタジオジャパン・水族館・障害者無料歯科検診など、いろいろな割引サービスを受けてきました。また、障害基礎年金もいただいています。また、療育手帳で、障碍者枠の習い事も、安い費用で、障害を理解しもらいながら、安心な中、おけいこさせてもらっています。また、地域のプレミアム商品券の買う権利が、障害者優先という事で、当選ハガキが届き、今月中に、療育手帳をもって、商品券を受け取りに行き、その券で、お正月の買い物も安くできると思います。また、支援がうけやすくなると思うので、助かります。療育手帳がある方が、メリットが多いと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ