歯石を自分で取る方法は危険?腫れて歯周病にならないうちにケアしよう 

Sponsord Link

今日は、歯石をテーマにしていきたいと思います^^

 

歯石を放置しておくと虫歯になって腫れたり、歯周病になってしまったりします。

 

そんな危険な歯石ですが、自分で取ろうとすると危険です。

 

というわけで、今日は、歯石の取る方法や、
歯周病ケアについてまとめていきます。

tooth

 

歯石は自分で取るのは危険?歯石はプラークの塊

 

歯石というものは、そもそも歯垢(プラーク)が
時間がたつにつれて、
石灰化してしまったものです。

 

歯垢のうちだと、自力で取ることも可能です。

 

歯垢は、歯磨きやデンタルフロスでもとることができるので、
自分で日頃からケアしておくのが大切です。

 

ただし、歯石というものは、石灰化してしまったものなので、
強引に歯にへばりついています。

 

この歯石を自力で取ろうとするのは、
不可能といえます。

 

強引に取ろうとすると、歯や歯茎を傷つけて、
傷から菌が侵入し、虫歯になってしまうこともあります。

 

 

自力でどうにか歯石を取る方法

ただ、最近では、歯医者さんで使用されているようなピックが
市販で販売されています。

 

ドラックストアや100円均一のお店に売っていて、
購入することで、自分でも歯石を除去することができます。
ただし、強引にやると歯を傷つけるので注意が必要ですね。
方法としては、
まずは、歯全体を軽くブラッシングして、
そのあとピックをアルコールで消毒します。

 

そのあと、鏡を見て、歯石がついている部分にこすりつけるだけです。
強い力で強引にしないように気をつけます。

 

取れたらピックを消毒→他の歯石を取るという流れです。

 

 

歯石を除去しないと歯周病(歯槽膿漏)や抜歯に

歯石を放置すると、
口臭の原因や虫歯の原因となります。

 

もっと怖いのは、歯周病です。

stage4

歯周病というのは、歯茎が炎症を起こして、
赤くなったり腫れたりする病気です。

 

放置すると、歯と歯茎の間の溝が深くなり、
歯を支える土台が溶けて、
歯がぐらぐらと動くようになります。

 

そして最後には、抜歯をするはめになります。

 

歯がなくなってしまうのは恐ろしいですね。。

 

それだけではなく、歯周病は、糖尿病や脳卒中、肺炎、骨粗鬆症などの
合併症を引きおこすことになります。

sponserd link

歯石をつくらないための予防方法

そんな歯周病の原因にもなる歯石は絶対にとった方が
良いですね。

 

歯石を作らないためには前提に歯垢を除去する必要があります。

 

はみがきと歯ブラシでケア

最も簡単にできるのは、やはり歯磨きです。

 

歯磨きで歯垢を除去することができます。

 

歯垢を除去するために、まず歯ブラシは定期的に交換する必要があります。
1か月に1回は交換して、
先がきちんとしているブラシで磨きましょう。

 

また、デンタルフロスや、歯間ブラシを使うのも
効果的です。

 

はみがきは、食後30分には行うようにして、
歯垢を除去する習慣を身につけましょう。

 

また、どうしても歯垢・歯石が除去できない場合は、
やはり歯医者さんに相談することが重要です。

 

定期的にクリニックを受診し、
健康的な歯を保ちましょう。

 

 

まとめ

今回は、歯石をテーマにしました。

 

歯周病にもつながる歯石…恐ろしいですね。

 

きちんとケアして、
歯石がつきにくい歯にしましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ