手汗の治し方!原因を知って、サラサラな手をキープしよう

Sponsord Link

今日は手汗をテーマにしていきたいと思います^^

 

デートで手をつなぐ、人と握手をする、、
など、人と手が接触する機会は多いですよね。

 

冬でもかいてしまう手汗…
夏の方がかきやすいですよね。

 

女性ならば余計気にしてしまうのではないでしょうか。

 

そんな気になる手汗…
今年こそ改善して、気にならないようにしましょう★

ad98a986

 

手汗の原因

それでは、手汗を防ぐ原因・対策について説明していきます^^

 

1・ストレス

環境の変化についていけずに、ストレスがたまると
体調不良を引き起こすことがあります。

 

それによって、交感神経が過敏になり、
大量に汗をかいてしまうことも。

 

また、緊張や興奮状態が続くと、
神経の影響で、汗がでてしまうことも。

 

 

2・運動不足

実は、運動不足が原因となっていることも。

 

運動不足になっていると、全身の汗腺が衰えてしまい、
機能している汗腺から汗がでてしまいます。

 

運動が苦手な人は
汗をかくことが大切なので、お風呂につかるなどして、
全身の汗腺が鈍らないようにしましょう。

 

3・姿勢が悪い

姿勢が悪いと、神経に影響を与えて、
手汗が大量にでてしまうことがあります。

 

姿勢を正すように意識だけでもしましょう★

対処法

1・ツボを押す

 

汗をとめるには、ツボを押すのが良いとされています。

 

ツボを押すことで、リラックスし、手汗を止めることが
できるとされています。

sponserd link


①合谷
人差し指と親指の付け根の部分です。
じっくり押します。

 

②身中(しんちゅう)
首の後ろの付け根にある、首を曲げたときにできる
骨を1番とすると、
そこから、背骨を3つ下がったところのツボです。

 

③復溜(ふくゆ)
復溜があるのは、くるぶしの中心から、指を3本分あがったところにあり、
アキレス腱の縁にあたる部分にあります。

 

④曲池(きょくち)
肘を曲げたときにできるしわを指します。

hand_a01

 

2・漢方薬
漢方薬は、即効性はないですが、
体質改善に作用があり、手汗も軽減できるといわれています。

 

ただ、漢方薬は、妊婦の方や子供は、
お医者さんに相談してみる方がよいですね。

 

漢方薬の中では、桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)という
漢方薬が、汗の調整や、体内の水分調整に影響が
あるといわれています。

 

 

3・化学物質

塩化アルミニウム溶液、ミョウバン溶液が、
殺菌作用や多汗症に効果があるとされています。

 

塩化アルミニウムは直接塗る、
ミョウバンは水に溶かして、手に塗ります。

 

ミョウバンは、漬物のあく抜きに使用されるため、
スーパーにも売っています^^

 

ミョウバンは、50倍程度に溶かして水で薄めて、
手に塗ります。

 

 

4・食事

やはり、手汗にも食事で改善できる点があります。

 

というのも、辛かったり、熱い食事は、交感神経の働きを
活発にするため、汗腺が刺激され
汗をかきやすくなります。

 

なので、香辛料が多く入っているものや熱いものを
避ける食事をすると、手汗が少なくなると
されています。

 

また、多汗症の対策には女性ホルモンが関係していると
いわれています。

 

なので、女性ホルモンと同様の成分である
イソフラボンを多く含む豆類を摂取すると、
汗を抑制する効果があるとされています。

 

 

まとめ

手汗がひどすぎて…
という場合は、手術をすることもできますが、
手術は避けたいですよね。

 

ツボ押しから始めて、自分にあった
手汗を防ぐ方法をみつけましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ