年末ジャンボの当たり本数や換金期限はいつ?1等が当たる確率はどの位?

Sponsord Link

今日は、年末ジャンボ宝くじをテーマにしていきたいと思います^^

 

毎年恒例の年末ジャンボ宝くじですが、当たり本数や換金期間はどれくらいなのでしょう。

 

また、ねらい目の1等が当たる確率は、実際、どの程度なのでしょうか…。

 

そんな気になる年末ジャンボ宝くじについてまとめていきます。

takarakuji

 

年末ジャンボ宝くじの当たり本数は?

年末ジャンボ宝くじといえば、年末の大イベントでもあります。

 

宝くじの発売初日には、多くの方が、宝くじ売り場に
長蛇の列をつくりますよね。

 

そんなビッグイベントの宝くじですが、
他にも「グリーンジャンボ宝くじ」「ドリームジャンボ宝くじ」
「サマージャンボ宝くじ」「オータムジャンボ宝くじ」
と年に5回ほど行われます。

 

その中でも当選金額が多い年末ジャンボ宝くじは
売り場がフィーバーしていますww

 

CMもたくさん行われて、みなさん一攫千金を求めて
必死になっているような。

 

そんな日本全国が盛り上がっている宝くじではありますが、
当たり本数っていったいどれくらいなのでしょうか。

 

さて、そんな当たり本数ですが、
毎年数が違います。

 

去年2014年の1等の当たり金額は 5億円 でした。
そしてこの本数は、49本

 

1等の前後賞は、 1億円98本

 

そして2等の2,000万円も98本 でした。

 

ちなみに、1等の組違いの場合10万円もらえますが、
4,851本 もの本数がありました。

 

こう考えると、当たり本数って結構多いような気もしますよね。

 

ちなみに2013年の結果は、

1等 5億円60本
1等の前後賞 1億円120本

2等の100万円は1,800本という結果でした。

それでも1等の本数はやはり少ないですねー。

sponserd link

年末ジャンボの換金期間はいつくらい?

年末ジャンボの発表は、毎年年末の12月31日に行われています。

 

気になる換金期間は、年があけた1月の仕事初めの週の火曜日となっています。

takarakuji_uriba

去年の当選くじは
2015年1月6日~2016年1月5日(火曜日)
となっています。
1年間 です。

 

ですので、今年2015年の年末ジャンボ宝くじは、
2016年1月5日~ が換金期間になると考えられます^^

 

12月31日に当選がわかった方は、早く換金したくて
しょうがないでしょうね。

 

ちなみに、換金期間を過ぎてしまった場合は、お金を受け取れないので
要注意です。

 

毎年1等などの高額当選がでても、換金せずに1年が過ぎてしまう人が
いるようなので、よくチェックする必要がありますね。

 

 

年末ジャンボで1等が当たる確率は?

さて、5億円が当たる1等の年末ジャンボ宝くじですが、
1等が当たる確率はどれくらいなのでしょうか。

money_satsutaba2

なんと1等が当たる確率は 1000万分の1 です。

 

1000万分の1というのは、どういうことかというと、
交通事故にあたる確率が1万分の1の確率です。

 

それよりも少ない。。

大阪府の人口が約890万人なので、その中でも1人当たるか当たらないかの
計算になります。

 

と考えるとかなり当選確率は低いということになりますね。

 

1等の前後賞で500万分の1

 

1等の組違いで10万分の1 程度です。

 

というのもジャンボ宝くじは100,000番~199,999番までの10万通りがあり、
そして組数が100組までの100通りあります。

 

ですので、計1000万通りの中に1枚当たりくじがあります。

 

そのユニットが何回か増刷されているので、
そのユニット数によって当たりくじのかじも変わってきます。

 

そう考えると当たるのはかなりの確率…。

宝くじは本当に夢を買うようなものですね~

 

 

まとめ

今回は、宝くじの当たり本数や換金期間、当選確率について
まとめてみました。

 

当選確率が1000万分の1とは、かなり低い確率ですね(^^;

 

そして換金期間は1年間ですが、
その間に換金しない人がいるとはもったいないです。

 

宝くじで毎年行列ができますが、
当たる確率はかなり低いということを念頭においておくと
良いですね。


★こちらの記事もどうぞ
【衝撃】年末ジャンボのはずれくじで敗者復活戦があるって本当?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ