寝違えた時に一瞬で治す方法!首や肩の痛みの対処法がすごい

Sponsord Link

今日は、寝違えた時の対処法・治し方をテーマにしていきたいと思います^^

 

寝違えてしまった時、首や肩に激痛が走って辛いですよね…。
そんな時には早く治して楽になりたい…と思いますよね。

 

そんな辛い寝違えの対処法についてまとめていきます。

img_nechigae

 

朝起こる寝違えの対処法

マッサージは逆効果?

寝違えたときに、痛みが辛くて、仕事に集中できない…
という人は多いですよね。

 

しかし、寝違えると首や肩に痛みが走るという人が
いますが、痛いからといって、痛みがある部位を直接マッサージするのは
実は、ダメなんですよね。

 

血行が良くなり、余計に症状が悪化してしまうことも。

 

痛みを緩和したいなら、直接マッサージをしないことをおススメします…

 

というわけで、今日は、どうやって対処したらよいか…
ということを説明していきます。

 

 

寝違えたときに起こる首や肩の痛みの原因は?

寝違えたときに起こる痛みは「コリ」が
原因と思われる方が多いと思います。

 

肩や首が凝っているんだ…と思いますよね、
でも実は、脇の下にある神経の「 腋窩 (えきか)」といわれる
部分の神経の圧迫が、寝違えの原因になっています。

 

なぜ脇が関係あるのと思うかもしれませんが、
神経が首や肩につながっていることから
症状が起ります。

 

なので、この神経のケアをすることが寝違えたときの
対処法になるのです。

sponserd link

首や肩の激痛を治す方法

効果があった!という声多数の
ストレッチ方法です。

 

辛い方は実践してみてください。

 

①まずは、首・肩が傷む方の腕を少しずつ後ろに引き下げていき、
止まるところで20秒キープします。

 

20秒たったら腕を下ろして、これを2セット繰り返します。

 

②次は、痛む方の手を腰の後ろにあてて、
そのまま肘を後ろに引いて20秒キープします。

 

こちらも2セット繰り返します。

 

③最後に手をあげて肘を120度に曲げ、
そのまま腕を後ろに軽く引いて、こちらも20秒キープします。

 

こちらも2セット

 

④あとは、逆の腕も同様に1セット、運動を行うだけです。

 

これで、多くの人が、寝違えを解消しています。
ぜひ実践してみてください。

 

参考動画→


そもそも寝違えを予防したい人におススメのストレッチ
寝違え予防のストレッチとは?首・肩・背中・腰の痛みを治す対処法と原因

寝違えたときに湿布は?

寝違えは、脇の神経の圧迫が原因という話をしましたが、
首や肩が炎症を起こしている可能性もあります。

 

そこで効果があるのが湿布などの冷却剤です。

 

冷湿布を貼ったら、温湿布を貼って筋肉を緩めて
あげます。

 

寝違えを起こした当日にこの行動をすることで、
だいぶ、寝違えが緩和されるはずです。

 

 

治らなかったら病院で治療も

ストレッチや、アイシングをしてみても
寝違えが一切治らなかった場合には、
神経系の病気、もしくは、臓器に支障をきたしている
可能性があります。

 

なので、寝違えが続く…、
ストレッチやアイシングを繰り返してみても
症状が良くならないという方は
一度病院で治療することをおススメします。

 

 

まとめ

今回は、寝違えの対処法をテーマにしました。

 

寝違えると、仕事がうまく進まない…という方は
ぜひ試してみてください。

★枕を変えるだけで、寝違えが減少!!

悩んでいる方にはおススメです。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ