大人のおたふく風邪の潜伏期間や治療法は?ワクチン副作用は大丈夫?

Sponsord Link

おたふく2

おたふく風邪って、そういえば大人になるとあまり気にしませんよね。

子供の頃に感染しやすい病気ですから・・・。

でも、大人になってからも感染の可能性はあるんです!

 

潜伏期間と初期症状、感染期間など。

また、治療方法についてもご紹介していきます。

□おたふく風邪

☆概要

ムンプスウイルスというウイルスの感染によって発生します。

小児の疾患としては全世界で一般的であり、

ワクチンが開発される以前はほぼ全部の子供が患っていました。
ワクチンが開発された今も、

発展途上国では脅威の疾患 となっています・・・。

おたふく風邪は、 飛沫感染と接触感染 により完成します。

2~12歳の子供が患うのが一般的ですが、

他の年齢でも感染することがあります。


成人が発症すると症状が重い場合が多いです。

子供の頃にワクチンを接種したことがない方も多いと思います。

現代の日本では、ワクチンの接種率は30%程度です。

また、ワクチンを接種しておらず、

子供の頃に感染したという方もいると思います。

摂取も感染もしていないという方は、

高年齢での初感染となる可能性があります。

その場合は、 合併症を伴う危険性 があるんです。

おたふくは、ワクチン接種や感染で免疫を獲得するとされますが、

稀に再度発症したりもするので注意が必要です。

発症の症状としては、

発熱、耳下腺の腫れ、首や肩の痛み、倦怠感、

食欲低下、腹痛嘔吐、鼻水、咳 、などです。

風邪の症状と似ているため、

感染が遅れるケースもあるみたいですね・・・。

これもしかして・・・と思った方は、

すぐに病院に走ってください!

☆症状が悪化していくと・・・

おたふく風邪は様々な合併症を引き起こす危険性があります。

以下に表を作ってみたので、

こんなことになる前に病院へ走ってくださいね!

・難聴

・髄膜脳炎

・卵巣炎

・睾丸炎

・髄膜炎

・甲状腺炎

・腎炎

・溶血性貧血

など、この他にも 心臓に関する合併症 や、

肝臓に悪影響を及ぼす合併症 も確認されています。

合併症が発症するまでおたふく風邪が悪化することは稀ですが、

それでもやはり気を付けたいものですね・・・。

☆潜伏期間

おたふく風邪の潜伏期間は 2~3週間 です。

およそ18日程度と言われていますが、

もちろん 個人差 があります。

発症すると、先ほど述べた症状が現れ始めます。

腫れは 通常4~8日程度 で治まる場合が多いです。

ですが、 4週間ほど腫れが引かなかった例 も・・・。

個人差としか言いようがないのですが、

あまり長引くとつらいですね。

☆治療法

おたふく3おたふく3

おたふく風邪は、治療に 1週間~10日ほど 時間を要します。

抗生物質を体内に入れ、まずは症状を緩和。

そして根本的におたふく風邪を追い払っていきます。

また、 感染期間中は外出は禁止 です。

更に、 完全休養の体制 をとりましょう。

人にうつさないためにも必要な措置となります。

学校は長めに休みを取り、会社は有給休暇を使うなどしましょうね。

sponserd link

□おたふく風邪のワクチンの副作用

どんなワクチンにも副作用というものがあります。

おたふく風邪のワクチンにも、当然あるんですね。

ワクチンの副作用についてよく知っておきましょう。

☆副作用について

おたふく風邪のワクチンの副作用は、

無菌性髄膜炎 にかかるかもしれないという所です。

1万人に1人という確率でこれを患います。

☆無菌性髄膜炎とは

無菌性髄膜炎はそれほど怖い病気ではありません。

細菌性髄膜炎という病気の症状と似ていますが、

体調は細菌性髄膜炎ほど悪化しません。

点滴を受け、安静に寝ていると自然に治ります。

発熱がないこともあるんだとか・・・。

通常は、 1~2週間ほどで回復 へと至ります。

□最後に

おたふく風邪の怖いところはその症状よりも、

実は 合併症 の方なのかもしれませんね。

ワクチンの副作用におびえるより、

引き起こされる合併症におびえてしまいますね・・・。

予防接種を受けたり、また普段の生活から、

おたふく風邪を引き起こさないように注意する必要があります。
何よりもまずは自衛することに重点を置きましょう!

それでは、今回はここまでです!(´▽`)ノ

こちらも是非どうぞ!

マスクで予防♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ