土鍋の正しい洗い方は?こげもとれる!値段の違いは何?

Sponsord Link

今日は、土鍋の洗い方をテーマにしていきたいと思います^^

 

土鍋はどのように洗うのが正しいのでしょうか、そしてこげの取り方は…
また土鍋の値段はピンキリですが、値段の違いは何でしょう。

 

そんな土鍋についてまとめていきます。

cooking_donabe

 

土鍋の正しい洗い方は?こげをとるには?

土鍋は基本的にとってもデリケートです。

 

土でできているので、普通の鍋と同じというわけにも
いきません。

 

基本的に、土鍋を洗うには、
水洗い 】が一番良いとされています。

 

というのも、吸水の性質があるために、
どんどん水気を吸っていってしまいます。

 

ですので、洗剤などをいれて浸け置きするのは
ようありません。

 

洗剤を吸っていってしまいます。

 

ポイントとしては
・水洗い
・浸け置きはしない
・たわしでガリガリこすらない
・土鍋が冷めてから洗う
ということです。

 

ただし、水洗いといっても
臭いのつよいもの作って水洗いというのも
嫌だと思うので、
そんなときは洗剤をつけてささっと洗いましょう。

 

そして、水気をふきとってよく乾かすようにします。

 

また、土鍋のそこはなるべく洗わない・濡らさないように
しましょう。

 

また、鍋などをして残った場合も、
土鍋にいれて保管するのではなく、
別の容器で保管をしましょう。

 

そして、焦げつきがあるからといって
金属たわしなどでガリガリやってしまうと、
ひび割れの原因ともなります。

 

また、土鍋自体の温度が熱いのに、
水をいれて洗うと、温度変化により、
ひび割れの原因となるので要注意です。

 

★こちらの記事もどうぞ
土鍋にひびが入ったら修理できる!?目止めの方法とは?

土鍋って実は、とってもデリケートなんです。

sponserd link

土鍋のこげの落とし方は?

金属たわし使用NGの土鍋ですが、
焦げついたときはどのように対処するのが良いのでしょうか。

 

軽めの焦げであれば
・ぬるま湯か水に少しつけておく
・水をいれて火にかける
・いらない布巾やスポンジで優しく洗う


 

それでもダメであれば奥の手もあります。

 

重曹を使用する
まずは、土鍋の焦げの部分に 重曹 を振りかけ、
水をいれます。

 

そして10分ほど火にかけます。

 

火をとめて冷めたら焦げが浮いてきます。
それでもダメなら再度試してみてください。

 

何度か試すことで焦げが取れてきます^^

 

 

土鍋の値段の違いは何?

土鍋も1000円から購入できるものから、
1万円ほどするものまで、値段が本当にバラバラですよね…。

 

この違いって何でしょうか。

 

メーカーによっても生産方法は異なりますが、
安いものは大量生産で機械で作っており、
中国製などのものが多く、
高いものは、手作りというものが多いです。

 

ものにもよると思いますが、
安すぎるとひび割れが起きやすかったり、
カビも生えやすいです。

 

そして高いものだと、土鍋の厚みもあるので、
遠赤外線の効果もでやすいです。

 

この土鍋の厚みの 遠赤外線 の効果によって
お米もおいしく炊けるのです。

 

安いものだと、結局買い直しということもありますし、
手作りでしっかりしていれば、お手入れを怠らなければ
何十年も使えたりします。

 

安いもので良い製品もありますが、
鍋の厚みなどに着目してみてはどうでしょうか。

まとめ

今回は土鍋の洗い方やこげ、そして値段について
まとめてみました。

 

土鍋って実はかなりデリケートですね。

 

水気や温度変化に弱いので、
洗ったり、こげを落とす際は慎重に。。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ