喉の痛みの解決策!のどが腫れて起こるイガイガの治し方5選

Sponsord Link

今日はのどの痛みをテーマにしていきたいと思います^^

 

のどが腫れてイガイガする、違和感を感じて不愉快…
そのあと放置していると熱がでる…

 

いやな症状ですよね。

 

冬の間は、朝起きるとのどがイガイガして嫌だという方も多いと
思います。

 

季節の変わり目になりやすい風邪…
のどのイガイガを治してすっきりした気分で1日を過ごしたいものですね★

 

今日はそんなのどの痛みについてまとめてみました。

sick_nodo

のどの痛みの原因

 

喉がイガイガするにはもちろん原因があります。
根本的な原因から改善してみましょう。

 

1・空気が乾燥している
冬の朝にのどが痛いのは、これが原因とされています。
乾燥しているとウイルスが活発化するので、
部屋を乾燥させておかないことも大事です。

 

 

2.空気中のちりやほこり
空気中にちりやほこりが多いと、のどの粘膜に
ウイルスが侵入し、その結果、炎症がおこり、イガイガが発生します…

 

 

3・外的要因
食生活や生活習慣において、
タバコ・アルコール・刺激の強い食べ物を多く摂取すると、
粘膜が炎症を引き起こし、イガイガが発生することも。

 

慢性的にのどがイガイガしている人は、
食生活やタバコの影響が多いかもしれません。

 

 

のどの痛みの治し方

1・乾燥を防ぐ
自身の乾燥を防ぐために、自分でできることは、常に喉を潤わせることです。
そのためには、こまめに水分を摂取しましょう。

 

人間は1日に2リットルの水分が必要といわれていますが、
実践できていない人が多いです。

mask_kafun_woman

こまめに摂取して、常に潤いのあるのどにしましょう。
また、マスクを着用し、潤わせ、ウイルスの侵入も防ぐ必要が
あります。

 

 

2・のど飴を持ち歩く

実は効果のあるのど飴、
薬として使用されているものではなく、
通常のあめでも効果があります。

 

あめを持ち歩き、少しでもイガイガする…と感じたときに、
のど飴をなめると緩和できます♪

 

 

3・首回りを温める

首回りを温め、保護するだけで、イガイガするのを予防する
効果があります。

sponserd link


マフラーやストールをまくだけで、
首の温度をあげて、ウイルスがのどの炎症を起こすのを
防ぐことができます。

 

寒い時期はもちろんですが、
暑い時期でも、首回りの露出を抑えることで、
効果があります。

 

 

4・うがい

やはりうがいは効果があります。
家に帰ったらまずうがい…と昔から言われていますが、
水だけでうがいするだけでもかなり効果があります。

 

そのまますぐにうがいをするのではなく、
1回口の中をゆすいでからうがいをすると、
口の中にいるウイルスが喉までくることもありません。

 

うがいは、緑茶や紅茶でのうがいも
効果的だといわれています。

 

 

5・食事で治す

やはり体調不良のときは食事で治すということで、
昔から、のどに効果的といわれてきた方法があります。

 

 

大根とはちみつのシロップ

昔から、効果があると言われてきました。

 

作り方は、
大根をサイコロ台に切ります。
その上に塩を振り入れ、大根と塩を絡めると、
水分がでてきます。

 

その状態で今度は上から、大根が浸るほどの蜂蜜を
いれます。

 

この状態で2時間ほど待つと、
大根から水分がでてきて、蜂蜜と混ざります。

 

このエキスをお湯でわったり、そのまま飲んだり、
咳止めや、のどの痛みに効果があるといわれています。

 

 

まとめ

嫌なのどの痛みですが、
そのまま放置すると、高熱がでたり、咳がでたり…

 

ウイルスが侵入するのを防いでくれているときなので、
乾燥を防ぐなどして、そのまま体調を悪化させないように
気をつけてください。

 

自分なりに効果がある方法を見つけて、
対策をしましょう♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ