口臭の治し方!原因を知って寝起きにもスッキリしよう

Sponsord Link

今日は、口臭をテーマにしていきたいと
思います^^

 

自分だと臭いかわからない口臭…
気になりますよね。

 

あの人の口臭が臭い…
と思っても注意できないし。

 

上司がくさかったら仕事にも支障を
きたしますよね。
特にタバコを吸っている人は、知らない間に
口が臭くなっています!!

 

そんななかなか対策しにくい口臭ですが、
対策して誰でも楽しく会話をしましょう♪

kousyu

 

口臭の原因

そもそも口臭の原因とは…

 

口臭には様々な原因があります。
多くは、食べ物が原因で、歯磨きをしたからといって、
胃の中から湧き上がってくる臭いもあります。

 

特に、ニンニクが代表されますよね。

 

しかし、食べ物以外にも、胃の不良や、
口の中のばい菌など、
食べ物だけが原因ではないことも。

 

特に夜しっかり歯磨きをして寝たのに、
翌朝口がくさかったとしたら、
それは口内のばい菌が原因です。

 

対策をして、だれからも好かれるようにしましょう★

 

 

チェック法

では簡単に自分の口臭がくさいがどうかチェックしてみましょう。
想像以上に臭かったら、
今までの自分を反省しましょうw

chunen_kousyu

1・舌が白い

舌の表面にある白い汚れを【舌苔】
といいます。

 

この舌苔で臭いの元となる
揮発性硫黄化合物(VSC: Volatile Sulfur Compounds)が
作られるといわれています。

 

なので、舌苔がある人ほど、口臭の元となる成分が
作られやすい。
ということになります。

 

 

2・マスクをつける

風邪のときなどにつけるマスクですが、
通常かけていて、
このマスク臭い…!

 

と思ったことがある人はいませんか。

 

それは、マスクではなく自分の息が
臭いということを示しています。

 

 

3・手をなめてみる

自分の手のひらや、手の甲をなめてみて、
唾液が渇いてからその匂いを嗅いでみてください。

 

渇くと気化するので、自分の口臭がどの程度なのか
よくわかります。

 

通常は無臭であることが多いのですが、
口臭がする人は、これも臭いはずです。

sponserd link


簡単にチェックできるので試してみてください。

 

この際、ハンドクリームなどを塗っているとわからないので、
クリームは落とす、もしくは塗る前に試しましょう。

 

 

対策

では、具体的な口臭の対策を説明していきます。

shita_brush

1・舌苔をとる

先ほども説明しましたが、
舌の白い物質である舌苔が口臭に影響していると
お話しました。

 

この舌苔をとることで口臭を防げます。

 

舌苔をとるには、小児用の歯ブラシやタオルなどでも
とることが可能ですが、
最適なのは、舌苔をとる、専用の舌ブラシです。

 

薬局などで売られていますね。

 

舌ブラシで1日1回程度舌苔をとるようにしましょう。

 

ただし、掃除をしすぎるとかえって、口臭の原因となる菌が
発生するので、やりすぎないことが大切です。

 

 

2・口を乾燥させない

他には、口の乾燥による口臭もあります。

 

ストレスがたまったり、緊張すると、
唾液の分泌が減り、口の中が乾燥してしまうことも。

 

唾液には、口の中の細菌の増殖を抑えてくれたり、
口の中を洗浄してくれる効果があるのですが、
乾燥してしまうと、口臭がしやすくなる原因となります。

 

日頃から口を潤す=水分を摂取することを
心掛けましょう。
また口呼吸になっていると、
口が乾燥しやすいので、鼻呼吸を意識するようにしてください。

 

 

3・口の中の汚れをとる

食べカスや歯の汚れによって、ばい菌が繁殖し、
口臭の原因となることも。

 

歯磨きは口臭予防にもなります。

 

歯磨きを実施するとともに、
歯ブラシでとれない、歯と歯の間の汚れは
歯間ブラシや糸ようじを使用するなどして
とりましょう。

 

細かい部分に汚れがたまっていることが多いです。

 

そのほかに、歯周病や虫歯があると口臭の原因に
なるので、
歯の調子が悪いと思ったら、歯医者に相談してみてください。

 

 

まとめ

今回は口臭について書きました。

 

自分の口臭は気になるという方も多いと
思いますが、日頃のケアが大切です★

 

大切な人の口臭が気になる…という人は
そっと舌ブラシをプレゼントしてあげるのも
良いかもしれませんねw

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ