初夏7月の赤ちゃんの育て方とは?汗かき対策であせも・湿疹を予防!

Sponsord Link

今日は、赤ちゃんの初夏7月の赤ちゃんの育て方をテーマにしていきたいと思います^^

 

7月といえば、梅雨が終わって暑い時期になってきますね。
そういうわけで、赤ちゃんの汗かきやあせも、湿疹が心配になってきます。

 

今回は、赤ちゃんの7月の対策についてみていきましょう。

baby17

 

そもそも赤ちゃんは汗を多くかくもの

赤ちゃんは、実は汗をかきやすいのです。
というのも、
赤ちゃんは、体が小さい割に、大人と同じ数の汗腺をもっていて、
新陳代謝 がとても活発なのです。

 

なので、体は小さいのですが、
かなり汗をかきやすいといえます。

 

しかも赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、
汗の対策をとってあげないと、あせもや湿疹が
できやすいのです。

 

 

7月赤ちゃんの汗かきの対策は?

赤ちゃんは、汗を多くかくので、
対策をきちんとしてあげることが大切です。

 

汗をかいたままだと、
やはり汗疹や湿疹ができやすい状態になってしまいます。

 

なので、汗をかいたときには対策が必要です。

 

ポイントとしては、
・汗はこまめに拭く
・シャワーで汗は軽く流す
・服はこまめに変えてあげる
という対策が必要です。

 

渇いたタオルだと、肌を傷つけやすいので、
少し濡らしたタオルで、拭いてあげましょう。

sponserd link


また、シャワーで流してあげるのは必要ですが、
その際、石鹸やボディソープは使用しないようにします。

 

石鹸やボディソープを使用しすぎると、
皮脂を取りすぎてしまう可能性があります。

 

他には、
【水分補給をしっかりする】
というのも大切です。

 

汗をかいているということは、
同時に水分摂取をしないと、
脱水症状に陥ってしまう可能性もあるので、
きちんと対策をしてあげます。

 

 

7月の赤ちゃんのあせもや湿疹の対処法は?

そもそも赤ちゃんは、肌が弱いので、
あせもや湿疹ができやすいのですが、
しっかり対策してあげることが大切です。

 

先ほど説明したように、
汗をかきやすいので、汗の対策をしてあげることが
対策です。

 

それでもできてしまう汗疹や湿疹…
できてしまってもしっかり対応しましょう。

 

汗疹や湿疹の対策としては、
肌を清潔に保ってあげることと、
適度な保湿をしてあげること

大切です。

 

保湿をする
汗をシャワーで流してあげたあとは、
きちんと保湿をしてあげます。

 

赤ちゃんの肌は、乾燥しやすいので、
保湿クリームを塗ってあげます。
あせもや湿疹だけでなく、
アトピーにも効果があるとされています★

 

他には、保湿だけでなく、清潔にしてあげることが
とても大切です。

 

石鹸で洗いすぎると、逆に肌を傷つけてしまうのですが、
適度に石鹸を使用して、しっかり洗ってあげることが大切です。

 

ごしごし洗うのではなく、泡立てて、泡で
しっかり洗うようにします。

 

石鹸は1日1回の使用に抑えます。

 

乾燥しがちな赤ちゃんには、無添加の
ボディソープを使用してあげましょう♪
また、あせもや湿疹ができてしまった場合、
赤ちゃんが無意識のうちにかきむしってしまう可能性もあります…

 

そうならないように、赤ちゃんの爪も
しっかり整えてあげましょう。

 

 

まとめ

今回は、赤ちゃんの汗の対策についてまとめました。

 

赤ちゃんは汗をかきやすいので、
しっかり対策してあげたいですね。

 

あまりにも肌に湿疹ができてしまう場合は、
かかりつけの病院へいって一度診察をうけてみることも
大切です。

★こちらの記事もどうぞ
真夏8月の赤ちゃんの育て方とは?脱水状態ならないための良い水分チャージ法まとめ

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ