余った年賀状は郵便局で換金できる?使い道に困ったら交換はいつまで?

Sponsord Link

nennga top

今や すっかりネットの世界 になってしまい、
昭和の時代にくらべると、
年賀状を出す人口もかなり減ってきましたね

それでも元旦の朝は、
そわそわしてポストを見ちゃいますよね。
で・・・
自分宛ての手書きの 年賀状 が届いていると、
やっぱり嬉しいものです


そんな年賀状ですが、
たくさん買って余らして しまったり、
気をつけていてもついつい 書き損じ が出てしまうもの。
そんなとき、みなさんはどうしていますか?
そのまま捨てる・・・なぁ~んて方はいないと思いますが、
・・・ドキっとされたのでは?

実は 郵便局でいろんなものに早変わり したり、
場合によっては 換金もできる んです。

今日は、その辺の 年賀状事情をお届けします♪

sponserd link


<余った年賀状は郵便局で換金できる?>

郵便局での換金はできません
でも郵便局では、 以下のものに交換が可能 です。
・通常切手
・ハガキ
・郵便書簡
・特定封筒(レターパック)


交換の場合には 年賀状一枚につき5円の手数料 がかかります。

po

また ゆうパックの支払いは切手でもできる ので、
持参の年賀状を切手に替える・・・という体(てい)で、
間接的にその場でゆうパックの料金の支払いができる ということですね♪
使わずにそのまま放っておくより、
手数料を払っても何かの形で、
また使えるようにしたほうがいいような気がしますが♪

切手は金券と同じ役割を果たす ので、
余ったり書き損じたりした年賀状の枚数が多いなら、
やはり 切手への交換が一番便利 だと思います。
ただし 記念切手などの特殊切手への交換はできません

時間が経っても、書き損じた年賀状まで、
5円の手数料で新しい普通ハガキに交換してもらえるなんて・・・!

実は、私・・・知りませんでした。
過去に何枚捨ててしまったことか・・・(とほほ)
(交換期間については後の記事参照)

<郵便局以外でなら換金可能?>

はい。 金券ショップでなら換金ができます

60%~90%ほどの価格で換金 してくれます♪
書き損じの有無や特殊印刷、
キャラクターものかどうか、
年賀状の新旧などによって、
その換金率は違ってきます。
年賀状の換金を取り扱っていないところもあるので要注意。

shop

<交換はいつまで?>

郵便局でも金券ショップでも、
基本的にはその期間に制限はありません
ただし、 その年の書き損じの年賀状を新しいものに交換するには、
販売期間中(11月1日~1月10日)に限ります


nenga mis

<年賀状のトリビア>

☆年賀状を買ったあとに身内に不幸があったときは?

年賀状販売期間中(11月1日~1月10日)なら、
無料で郵便ハガキや切手(弔辞用も含む)などとの交換が可能 です。
請求者の住所・氏名、亡くなった方との続柄などを書類で提出

行き届いたサービスですね。
郵便ハガキと喪中切手に交換し、
喪中のご挨拶に使うのがいいかもしれませんね


sponserd link


☆宛先不明で戻った年賀状は?

これは郵便局でもアウト!
残念ながら交換できません
しかも、新しい住所で再度投函したい場合には、
改めて切手を貼り宛先不明の表記を消したうえで、
「再差出」と赤ペンで書いて投函する
・・・
という かなり手間がかかる作業 になります。
消印ないもん、そのままもう一回出しちゃえ~!
なんて思うかもしれませんが、
実は一度郵便局に集まってきた郵便物には、
目には見えない特殊塗料でバーコードが印刷 されています。
なので、郵便局での交換や再配達をしようとすると、
それはすぐにわかってしまうのです(さすが!)
宛名不明のケースは、
手間や余分なお金がかかってしまうので、
しっかり新しい住所を確認して出しましょうね


交換や換金以外にも使い道はありますよ~!

大量に余った年賀状や書き損じのものは、
交換や換金以外にも使い道 があります。
賀状の文字を二重線で消して、
普通ハガキとして十分に使うことができます。
懸賞ハガキに使っている 方が一番多いでしょう。

また、ユニセフをはじめ、
各民間団体やNPO法人などでは、
書き損じや余った年賀状を 寄付として募っています
これらの各団体は、
集まったこれらの年賀状を現金化して、
各々の活動に使っています。
この方法だと、
ちょっとした 社会貢献への参加 ができるので、
とても有効な使い道だと思いませんか?

donation

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ