乳幼児の紫外線対策まとめ!日焼け止めや帽子で予防は可能?

Sponsord Link

今日は、乳幼児の紫外線対策をテーマにしました^^

 

大人は紫外線対策をしている人が多いと思いますが、乳幼児も大切です。
日焼け止めや帽子でどの程度、対策ができるのか。

 

乳幼児にはどんな対策が必要なのか、
まとめてみました。

083729

 

乳幼児に紫外線対策が必要なワケ

 

昔は、赤ちゃんは、日光に当たった方が良いといわれ、
日向ぼっこの時間が推奨されていました。

 

それは、人が日光にあたると、
ビタミンDを合成することができるからです。

 

そして、子供も夏になると外で遊んでまっ黒に
日焼けするのが当たり前でした。

 

しかし、現在は、紫外線が肌に及ぼす影響について
解明されるようになり、紫外線をあびると 皮膚がん になる可能性が
高まる…

 

などのことから子供や大人でも日焼け止めを塗るように
なりましたね。

 

日焼けは黒くなるだけではなく、シミやそばかす、その他皮膚の
トラブルの原因となります。

 

 

赤ちゃんの頃から日焼け対策が必要

hiyake_woman

特に乳幼児は肌が弱く、大人よりも紫外線からうけるダメージが大きいです。

 

なので、乳幼児が将来、皮膚がんや白内障など、
紫外線によるトラブルに苦しまないようにするためにも、
子供の頃からのスキンケア、紫外線対策が必要なのです。

 

 

乳幼児の紫外線対策は何をする?

では具体的に、紫外線の対策をみていきましょう。

 

 

衣服・帽子でする紫外線対策

夏の暑い日に、ベビーカーで赤ちゃんを連れださなければならない
状況もあると思います。

 

その時ほど気をつけて欲しいのが、日焼け対策です。

 

ベビーカー用の日よけカバーなどもありますが、
熱がこもりがちに…

baby_car_mother

まずは衣服で対策をしましょう。

 

夏ですが、乳幼児は、首や腕、肩が覆えるような
服を着せるようにしましょう。

 

衣服を着ているだけでも紫外線の対策になります。

 

そして、帽子はなるべくつばの広いものを
選びます。

 

また、目から紫外線の影響をうけることがあるので、
赤ちゃんといえども、サングラスなどを
用意してあげるのも良いです。

sponserd link


また、なるべく直射日光に当たらないように
するために、なるべくお母さんは日陰を選んであげましょう。

 

そしてなるべく 午前10時~2時 は特に陽射しが強いので
避けるようにします。

 

 

日焼け対策にUVカットの日焼け止めを

大人と同様に、赤ちゃんにも日焼け止めを
塗ってあげることが大切です。

 

このとき選んであげるものとしては、
・ノンケミカルのもの
・しっかり落とせるもの


が良いです。

 

紫外線吸収剤が入っていないものをチェックして購入して
あげます。
かぶれの原因ともなります。

 

パッチテストをしてから塗ってあげましょう。

 

また、乳幼児用に選んであげる日焼け止めとしては、
のびがよくてムラにならないものを使用します。

 

最近では、大人の場合SPFの高い日焼け止めも
販売されていますが、
そういったものは長時間効果があるために、
落ちにくいです。

 

そういったものは、海やレジャーのときだけにして、
普段でかけるときに使用するものは、
SPFは10~20程度、PAは+1程度のものの方が、
肌への負担が少なくおススメです。

 

オーガニックのものも販売されています。

 

ノンケミカルなうえに100%オーガニックの
赤ちゃんの肌にも優しい日焼け止めです。

まとめ

今日は、乳幼児の紫外線対策をテーマにしました。

 

赤ちゃんにとって、紫外線は大敵。

 

お母さんが、日焼け止めや衣服でしっかり
守ってあげたいですね。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ