ビワってどんな味?赤ちゃんのアレルギーや炎症に注意!

Sponsord Link

皆さん、ビワを食べたことはありますか?
名前だけは知ってるけど・・・なんて方も多いと思います。

スーパーや市場で見たことはあるけど、

自分で買ってみたことはないなぁ・・・という方も。

実は結構、その味を知りたいとは思っていませんか??

今回はビワの気になる味について紹介していきます(´▽`)

そしてビワの持つ 効能 なども、

少しですが紹介していきます♪

また、 実は赤ちゃんに危険を及ぼすかもしれない果物なんです。

そこのところも、一緒に紹介していきますね!

□ビワについて

biwa

日本では梅雨時期頃からビワの木に実がなります。

そのため、「枇杷」や「枇杷の実」は、

6月~7月上旬までの季語とされています。

実の色や果肉の瑞々しさは、まさに初夏の果物といったところでしょうか。

☆ビワの味

biwa2

まずはその 瑞々しさ、口いっぱいに芳醇な果汁 があふれます。

そしてその果汁は、 酸味が少なく程よい甘さです

果肉はとてもジューシーで、食感はマンゴーに似ているかもしれませんね!

独特な僅かな渋みも、とってもクセになります♪

ゼリーや杏仁などととても相性のいい味です。

初夏にぴったりの酸味が暑い季節にとても嬉しいですね。

☆ビワの効能

ビワは、「 大薬王樹 」とも呼ばれます。

現在でも、民間療薬として親しまれている地域もあるんです。

咳や嘔吐、喉の渇きなど、風邪の時の味方といった感じでしょうか?

また、 ビワの種にも効能があります。

びわの種は、実はガンやぜんそく、糖尿病などの

慢性の病気にも薬効があるんです。

アミグダリンという成分が豊富に含まれたビワの種は、

様々な病に対してとても有効な力を発揮してくれるんですね!

アミグダリンはビタミンB17というものになります。

ビタミンB17は、体温と一緒に暖めると浸透し始めます。

果ては細胞の中にまで入り込み、

炎症、ガン細胞などを治していくんです。

古来から優秀な万能薬として重宝されていたビワは、

今もなお国際的にその性能を認められ、

脚光を浴び続けています!

sponserd link

□赤ちゃんにビワは大丈夫?

通常は生後5~6か月頃から与えてもOK!

ただし、 可能な限り加熱をしましょう。


生で与えると、アレルギーが出てしまうことも。

果物は加熱によって甘みが増します。

また、実が柔らかくなることで、赤ちゃんは食べやすいです♪

付着している雑菌を除去するためにも、加熱はしたいところですね。

☆アレルギーの症状

加熱をしたといっても、100%安心というわけではありません。

食後、いつもと違うお子様の様子を目にして、

この症状もしや・・・と思ったときは、

すぐに赤ちゃんをつれて病院へ行ってください!

 

以下の症状が出たら要注意です。

・食後に口周りが赤く腫れる

・嘔吐や下痢

・全身に蕁麻疹が出た

・呼吸困難

主にお腹の調子や口周りを、

食後一時間 は見てあげてください。

ビワに限らず、果物にはアレルギーがあります。

大切なお子様の口にするものなので、

是非目を光らせて見てあげてください。

参考までに、ビワと同様のバラ科の果物は以下の通りです。

・リンゴ

・さくらんぼ

・梨

・イチゴ   …など

 

ビワでアレルギー症状が出たら、

この果物でも出る場合があります。

不安になるゴックン期・・・

アレルギーのパッチテストなども受けてみるべきかもしれませんね。

□まとめ

ビワは食用だけでなく、

薬などでも大活躍する果物です。

最も食べ頃である 5月~6月下旬 までの間に、

今年こそはと思っている方、是非食べてみましょう♪

毎年食べてるぞって方は、

周りの人たちにビワの素晴らしさを今一度語りましょう♪

ビワについていくつか紹介しましたが、

少しでも役に立てたら幸いです♪

それでは~(´▽`)ノシ

手軽に摂取するなら缶詰も♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ