パイプカットの意味やデメリットは?修復は病院でもできる?

Sponsord Link

パイプカット1

パイプカット とは何かご存知ですか?

言葉だけは知っているけど、意味やデメリットまでは・・・

なんて方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

今回は、パイプカットの詳しい意味や、

具体的にどういうことへつながるのか、

更にデメリットについて詳しくご紹介していきます。


また、パイプカットとは男性に向けて使うイメージが強いですが、

女性に対しても使うことがあります

女性のパイプカットもありますので、

そちらもご紹介していきますね♪

□パイプカットって何?

一般的に、パイプカットの 避妊率は極めて高いものとされます

避妊の効果はほぼ完璧に近いと言われていますね。

☆男性

男性の場合は、精巣から精嚢へ繋がる管を閉塞します。

この施術を行うと、精嚢に精子が貯蔵されなくなり、

精液内に精子が存在しなくなるんですね

ちなみに、精液自体はなくなったりしません。

また、射精も出来ます!

男性ホルモンの分泌も衰えたりしませんよ♪

☆女性

女性の場合は、卵管を結紮(むすぶことです)します。

帝王切開か、普通分娩の直後に行う人もいますね。

永久避妊を望んでいる女性に向いています♪


しかしごく稀に、卵管が繋がり妊娠することもあります・・・。

□デメリットって例えば何?

パイプカット2

さて、避妊に対して信頼できるパイプカットですが、

勿論マイナスの面も存在します。

いくつかご紹介していきましょう。

☆万が一の可能性

稀にではありますが、手術後に精管が再度繋がることがあります。

その結果精液の中に精子がまた出現します。

つまり、 最終的には妊娠させてしまうことがあるということです

なので! 手術後一か月間は精液検査を行うことを推奨します。

☆性病に対する防衛は・・・

コンドームと違い、パイプカットは 性病を防ぐ力は持ちません

なのでパイプカットしているからといって、

容易に不特定多数の人と遊ぶのはおススメできません。

もしそのような場合になったなら、

きちんとコンドームを装着しましょう。

☆修復は可能?

皆さんが一番気になるのはここではないでしょうか・・・。

パイプカットをした人って、元に戻れるんだろうか?

その答えは、 ほぼNO です。

切断した精管を繋ぎ合わせることは可能です。

ですが、 機能回復はどこの病院も約束してくれないでしょう

なので、もし子供が欲しい・・・と思っても、

そのときには既に遅いということが予想されます。

夫婦間でよく話し合い、

どちらも双方同意の上で行う施術なんですね。
また、「手術」と銘打ってパイプカットを行う病院が多いと思います。

というか、ほぼそうですね。

切開して精管を閉塞させるので、

局所ではありますが麻酔も必要とされます。

手術といえば、失敗のリスクも当然存在しますね。

その他にも、 術後後遺症などが残ることも・・・

パイプカットをしていても、

稀に子供が出来るということもあります。

避妊率は極めて高いとはいえ、

0%ではないということを頭の隅にとどめておきましょう

自分の心と、周囲の人と、よく相談してから行うべきです。

☆パイプカットをして後悔しそう・・・

そんな人は、こちらをご覧になってください。

パイプカットで後悔した口コミとは?芸能人ではあの人が!

sponserd link

□パイプカットを行うにあたって

パイプカット3

気になる費用や手術の条件、

メリットなどについても少しご紹介しましょう。

☆費用はいくらくらいかかるの?

パイプカットを行うにあたって、かかる費用は様々です。

5~30万円とピンキリなんですね

泌尿器科、美容外科、などで行ってもらえますが、

それぞれの病院によって違うようです。

☆手術の条件は・・・

パートナーの同意書が必要になるケースが多いです。

既婚である、子供がいる、

パートナーの同意を得ている、などの人が対象となります。

それ以外の人は手術をしてもらえません。

☆パイプカットのメリットは?

メリットは何といっても 99%の避妊効果

夫婦間の営みも、避妊具を必要とせず楽しめます。

また、避妊具を買う手間やお金も必要としません。

そして何より、女性の負担が無くなります。
ピルの服用や避妊具の負担、そして中絶のリスクなど・・・

女性にとっても様々なメリットがあります。

□最後に

パイプカットのデメリット、メリット、

少しでもわかって頂ければ幸いです。

また、軽々しく行うものではないということも、

わかって頂けたのではないでしょうか。

パイプカットをすれば様々な面で、

メリットが現れてきているように思えます。

ですが、その裏にはやはりデメリットが隠れています。

色々な面を幅広く覗いてみましょう。

そうしてから、本当に実用化させるかどうかを決めていきましょうね。

それでは、今回はここまでです(´▽`)ノ

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ