ハイボールのアルコール度数はビールより弱い?名前の由来はあの「ボール」!?

Sponsord Link

highball top

最近お酒の場面でよく見かけるのが・・・
そう!  ハイボールっ!
有名 女優さんのCM起用 で、
一気にその名が上がってきたことは間違いないと思います。

私が初めてお酒らしいお酒を飲んだのは、
ウィスキーのコーラ割り
シュワっとした独特の炭酸 と、
コーラの甘み が合いまって、
度数が高いのも忘れて、
グイグイと飲んでしまったことを覚えています。

coke

この最近流行りのハイボールも、
基本はウィスキーを何かで割ったもの。
ということは 度数もかなり高いのでは?
と思いがちですが、
実際のところどうなんでしょう?

今日はウワサの「ハイボール」について、
ちょっと調べてみることにしました


sponserd link


<ハイボールのアルコール度数は?>

ここでは主に 炭酸で割るものを中心 に考えてみます。
ハイボールの母体になるウィスキーですが、
銘柄によっても度数はさまざま。
まぁおおよそ 40度前後くらい でしょうか。
これのみストレートで飲むと、
度数はかなりきついですね。
しかし 母体のウィスキーを炭酸で割る ので、
度数が薄まる んですね。

美味しいハイボールは、
炭酸水で3~4倍に薄めたもの
と言われてますね。
となると、単純計算でも度数は、
1/3から1/4に減るということになり、
つまり、薄ければ 10度くらいまで度数は下がります

これもまた銘柄で差がありますが、
ビールのアルコール度数が大体5%前後とすれば、
ハイボールのアルコール度数は、
その 約2倍の10度くらい ・・・
と考えると、わかりやすでしょうか?

もともと他のアルコールとくらべて、
カロリーもそれほど高くなく
その上また、
最近注目度が高い 炭酸水で割る となれば、
何だかカラダにもいいような感じがして きてしまうのは・・・
私だけでしょうか?

こう考えると、ハイボールが、
女性やあまりお酒に強くない人にも人気があるのは、
なるほど、納得できますよね


sponserd link


<ハイボールの名前の由来は?>

これにはいろいろな説があります。
よく耳にするのが「 炭酸水の泡 」説。

ウィスキーを炭酸水で割ったときに、
その泡がシュワシュワ―っとのぼっていくので、
それをボールに見立てて、
『高くのぼるボール』=『ハイボール』
というのが、由来だとか。

なんだか、ありそうななさそうな話ですね。

そこで英語で調べてみたところ、
以下のような所見が見つかりました。

まずは単純に「 背の高いグラス 」に注がれて出されたから。

hiball glass highball

次に、昔の 蒸気機関車がスピードを上げて その圧力が上がってくると、
圧力表示のボールが上に上がって圧力の高さを示し
そのことを「 ハイボーリング 」と呼ばれていたから、
とあります。

また最後にこんな説も載っていました。
開拓時代のアメリカで、
当時 ボール信号機 というものが使われていました。
長い棒にワイヤーでボールがつるされており、
その ボールが下がっていたら「止まれ」
列車を走らせるときには、
ワイヤーを巻き上げてボールを上に上げる、
これを英語では、
Clear track ahead 」と言われ、
ボールが高く上がっているときは
つまり 「発車オーライ」

この話から察するに、
「ハイボール」=「発車オーライ」=「酒を飲む」
という図式になってしまうのですが、
当時の開拓時代の様子から想像するに、
かなり 破天荒な時代だったのでしょうか(汗)

その他にも、
ウィスキーの故郷イギリス説など、
いろいろな説があります。
もっとも、 イギリスでは 「ハイボール」ではなく、
スコッチ&ソーダ 」と長い間呼ばれています。

まっ、こんな話しを肴にハイボールを飲むのも、
ちょっと小粋で大人っぽい雰囲気 になりますよね。

美味しいハイボールの作り方



<お酒はキレイに楽しく飲みましょう~!>

カロリーもそれほど高くなく
しかも炭酸割で喉越しもいい・・・となると、
ついつい飲みすぎてしまいがち
いくらソーダ割りして度数を下げていても、
ガバガバと飲んでしまえば元も子もありません。
仲間たちと楽しい気分でおかわりしがちなので、
そこのところは、
大人らしくスマートなお酒を楽しみましょうね

highball last

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ