チャグチャグ馬コのルートはどこ?歌詞の意味とは?

Sponsord Link


チャグチャグ1

皆さん、 チャグチャグ馬コ って知ってますか?

実はこれ、岩手県で開催される祭です。


内容はとても可愛いので、知らない方は是非この記事を覗いていってください♪

ルートや見どころ、歌詞の意味についても詳しくご紹介していきます。



□チャグチャグ馬コ



まずはチャグチャグ馬コについてご説明しましょう。

読み方は、「 チャグチャグウマッコ

岩手県滝沢市、そして盛岡市で6月の第2土曜日に行われるお祭りです。


お祭の内容は、とても可愛らしいんです!

滝沢市の鬼越蒼前神社~盛岡市の盛岡八幡宮 まで、

きらびやかに、華やかな馬具を纏った馬と進行するといったもの。


1996年に「 残したい日本の音風景100選 」に選出されています♪



☆見どころ



やはり見どころは鮮やかな馬具を纏った馬たち。

そしてその馬に跨った子供たちも、とても綺麗な衣装をまとっています。


馬の行進はなんと100頭、約500m以上の長さを誇ります


のどかな田園地帯を悠々と歩く馬コたち。

そして耳に響く心地よい、チャグチャグという鈴の音。

凛々しくも締まった馬の蹄の音。


う~ん・・・ これは確かに「残したい日本の音風景100選」に選出される理由もわかります


ただでさえ馬の歩く、駆ける足音はとても心地のよいもの。

そこに伝統的な鈴の音、美しい風景。

一度は見てみたくなりますよね♪



☆ルート


チャグチャグ2

始点から終点まで、およそ4時間行進は続きます。

鬼越蒼前神社~盛岡八幡宮までの間に、

およそ18個のポイントを通っていきます。

2016年のチャグチャグ馬コのルートは以下の通りです。



鬼越蒼前神社        09:30



滝沢ニュータウン北側交差点 10:00



滝沢ニュータウン南側交差点 10:20



盛岡少年院         10:35



青山町中央通商店会     10:55着、11:15発



天昌寺交差点        11:40



館坂交差点         11:55



夕顔瀬橋          12:05



材木町商店街        12:10着、12:30発



旭橋            12:35



盛岡駅           12:40



開運橋           12:45



大通三丁目         12:50



大通一丁目         12:55



桜山神社          13:00



県庁・市役所前       13:10



中津川・中の橋       13:15



もりおか啄木・賢治青春館  13:20



八幡町           13:25



盛岡八幡宮         13:30



ルートと通過時間は上記の通りとなっています。

近くにお住まいの方は是非その時間に合わせて訪れてみてくださいね♪

sponserd link



□チャグチャグ馬コの歌詞の意味

さて、チャグチャグ馬コでは歌が流れています。

歌詞は4番までありまして、いわゆる民謡というやつですね。

下記はその一部となります!


馬コうれしか おやまへまいろ

金のくつわに 染たづな

チャグチャグ馬コがもの言うた

じゃじゃもいねからおへれんせ

(金の轡や染め手綱をつけて
 
 蒼前神社に詣でに行こうか
 
 チャグチャグ馬コがしゃべった
 
 お舅(姑)さんもいないからおうちにあがっておいで)



こちらで詳しくご紹介されていますので、是非見てみてください♪
もっと詳しく!



□まとめ


チャグチャグ3

初めてその名前を聞く、という方も多かったのではないでしょうか?

チャグチャグ馬コ、なんだか響きもかわいらしいですね♪

私は今年中に一度東北に遊びに行く予定なので、時期が合えば是非訪れたいと思います。

こういう伝統的なお祭りって、なぜかわくわくするんですよね(笑)


それでは、今回はここまでです(´▽`)ノ

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ